« 喜一 2@福島県喜多方市 | トップページ | らぁめん 赤星 2@埼玉県深谷市 »

2013年12月 6日 (金)

ファミリー食堂 大友@福島県喜多方市

喜多方市郊外に佇む。

Dsc03200
よく見かける「喜多方老麺会」のノボリのない非加盟店。11時ちょっとすぎに到着した。

Dsc03202
入店。カウンター&小上がりのある店内。オカモチがあり出前もやってる模様。
まずはおびただしい数のペコちゃんに圧倒される。
にこやかなおじちゃん、おばちゃんに迎えられた。奥に見える会津美人はお孫さん?
誰ですか?「生きてるペコちゃんがいる」なんて言ってる人は。

Dsc03206
Dsc03207
Dsc03205
Dsc03208_2 
メニュー
ラーメンはもとよりうどん、丼物、ご飯物など品数多し。
それほど高くないチャーシューメンをお願いした。
結構忙しそうな厨房の音。出前も多いと見える。店主がオカモチを持って颯爽と出てゆく。
10分後おばちゃんから「お待たせしました~」と配膳された。

Dsc03215
チャーシューメン 750円

Dsc03217
うおっ!おびただしい数のチャーシュー。麺が見えない。
透明感のあるスープ。丼の縁に付着した油玉が金色に光る。

Dsc03220
熱いスープにふわりとガラ感が香る。ほんのり生姜香る昔なつかしい味わい。
チャーシューから出るうまみも相当なものであろう。
わずかにやさしい甘みは煮干か?醤油がとがらずアシストのバランスの取れた味。

Dsc03223
麺は一般的な喜多方麺より細めの縮れ麺。
なれど多加水熟成の具合は同じと思われモチモチシコシコな食感。それにサバサバが加わる。

Dsc03226
チャーシューは1,2,3・・・15枚あった。小ぶりながらうまみ一杯。
カエシがほんのり染み込んだ肩ロースは噛むと醤油と豚のうまみが融合して滲み出す。
これだけ入るとスープへの貢献も大であろう。

Dsc03228_2
メンマは若干甘めの味付け。

Dsc03230
これだけチャーシューが多いとチャーシュー巻き麺ができますな。
麺とチャーシューを一緒に食べる。思わず口の中がパラダイス。

Dsc03222
そして・・・こんな一皿が付くのも食堂のいいところ。後口さっぱり。

Dsc03234
あまり押し付けがましくない味わいは最後まで破綻なし。完食・完飲であった。

Dsc03235
こんな賞状が飾ってあった。マニアの太鼓判。この味と雰囲気なら当然と思えた。

お勘定時おばちゃんに「老麺会に入ってないという事は、ノレンに頼らずやっていけるお店って事だね」と言うとおばちゃん、うれてれ笑い。

喜多方には観光客相手主体と地元民主体のお店があると聞くが、こちらは後者だろう。
ネットではあまり情報がないが、本当にいいお店は秘密と言うことか?

地元の人に人気の喜多方ラーメン。大いにお勧めである。

Dsc03199
Dsc03201
ファミリー食堂 大友

福島県喜多方市岩月町橿野遠下前2304-8(地図)

TEL 0241-24-2911

営業時間 11:00~未確認

定休日 水曜日

席数 カウンター7席 小上がり5卓

喫煙 可 

駐車場 あり

交通アクセス 国道121号を会津若松から米沢方面へ走行。バイパスに入り二つ目の信号を「熊倉」方面へ右折、県道337号へ。約100m先左手。

« 喜一 2@福島県喜多方市 | トップページ | らぁめん 赤星 2@埼玉県深谷市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
このチャーシューはすごい。
これぞラーメンの醍醐味です。
近くにあってほしいものです。

>>KMさん

お久しぶりでございます。
これぞチャーシューメン。問答無用のチャーシューがいいです。
確かによそではあまり見ないスタイル。
喜多方・坂内食堂や会津若松・古川農園に見られる姿。この界隈のスタイルかも知れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58678731

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリー食堂 大友@福島県喜多方市:

« 喜一 2@福島県喜多方市 | トップページ | らぁめん 赤星 2@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ