« 麺や 玄@福島県喜多方市 | トップページ | らぁめん 赤星 4@埼玉県深谷市 »

2013年12月30日 (月)

こやなぎ@山形県米沢市

国道121号沿いに佇む。

Dsc03548
ご当地ラーメン「米沢ラーメン」の店。
偶然目に付いた。失礼だが予備知識なし。雪の中、12時ちょっと前に到着した。

Dsc03553

Dsc03556_3
小ぢんまりした店内には煮干の香りが漂う。すでに先客4組。
「いらっしゃいませ」と、二人の米沢美人に迎えられた。カウンターに着席した。

Dsc03552
メニューの短冊が頭上に並ぶ。何と!とんこつラーメンまである。
デフォであろう「中華そば」をお願いした。

Dsc03555
かいがいしく立ち回る、親子と思われるスカーフに前掛けの米沢美人。
裏からオカモチを持った男性が・・・出前もやってるらしい。オペをバトンタッチされた。
10分くらいで着丼であった。

Dsc03559
中華そば 550円

Dsc03561_2
丼一杯に入るスープは冷めにくくする工夫であろう。黒い粒はコショウの様である。

Dsc03565
油はあまり浮かないあっさりタイプ。ガラ感少なめ。ふんわり甘い煮干。
醤油感少ないもののわずかに塩気が尖る。温度熱めは北国ラーメンならでは。

Dsc03566
これが米沢ラーメンのアイデンティティー。極細縮れ麺。
加水少なめのクシャクシャした食感はカップヌードルライク。適度に腰あり。
この縮れのせいで、啜り上げるときに「ぞぞぞぞ・・・」と、実にいい音が出るのだ。
耳を澄ませばあちこちから「ぞぞぞぞ・・・」と聞こえてくる。実に楽しい麺。

Dsc03567
チャーシューはモモ辺りか?ダシ用に使われた物のリサイクルであろう。
味が抜けて若干パサな食感は、昔ながらの中華そば風。

Dsc03568
食感を求めて細切りにされた物であろうメンマ。これも米沢スタイル。
麺と一緒に頂くと「ぞぞぞぞ」と「シャキシャキ」が同時に楽しめる。味は薄め。

Dsc03570
若干しょっぱめ&コショウで辛めな感じを中和してくれるナルト。

Dsc03575_2
写真を忘れたがタクアンが付く。
米沢ラーメンはボリュームがあり、スープが多いのでおなか一杯になる。

山形県は日本で最も一人当たりのラーメン消費量が多い県と聞く。
その理由は、決してインパクトはないが、毎日でも食べられるラーメンだからであろう。

ラーメンは山形県民の日常生活の必需品か?大いにお勧めである。

Dsc03547

Dsc03549_3
こやなぎ

山形県米沢市舘山3-1-50(地図)

TEL 0238-22-8502

営業時間 11:30~15:00 17:00~19:30

定休日 水曜日(祝日は営業)

席数 カウンター5席 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道121号を喜多方から山形方面へ北上。鬼面川を渡り一つ目の信号を左折。約50m先右手。

« 麺や 玄@福島県喜多方市 | トップページ | らぁめん 赤星 4@埼玉県深谷市 »

山形のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58807832

この記事へのトラックバック一覧です: こやなぎ@山形県米沢市:

« 麺や 玄@福島県喜多方市 | トップページ | らぁめん 赤星 4@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ