« 中華五十番@群馬県安中市 | トップページ | 山番@長野県小諸市 »

2013年12月16日 (月)

らぁめん 赤星 3@埼玉県深谷市

祝・開店!と言うことで訪店。

Dsc03489
ネットではかなり話題になっているこちら。空き時間であろう昼の部終了間際に到着。
行列なし。じっくり頂けそうだ。

Dsc03491
が・・・( ̄□ ̄;)
甘かった。まだまだお客は引きもきらず・・・一つだけ開いていたカウンター席に着席した。
店内には醤油や魚介のいい香りが漂う。

Dsc03492
メニュー
醤油味一本で勝負。そしてカエシやスープを変えた二本立て。
前回は「和そば」。今回は「中華そば」にしてみよう。イケ面の若い男性店員にお願いした。

Dsc03493
奥では店主がメイン、奥さんと思われる深谷美人がアシスト。
じっくり慈しむような丁寧なオペ。若干時間が掛かるであろうが確実な物が出てくると思う。
慌ててはいけない。8分ほどで「お待たせしてすみません」の声と共に着丼であった。

Dsc03496
中華そば 650円+味玉 100円

Dsc03499_2
明るい感じの琥珀色の丼面。油の玉がいい感じに光る。雷紋の丼が「中華そば」にふさわしい。

Dsc03500
ふわりと芳醇な香りが鼻腔をくすぐる。なんとなく日本酒っぽい感じ。
これはチャーシューやカエシを仕込むときに使ってるのでは?と推測した。
スープは色通り醤油の主張は穏やか。しかし若干遅れて渾然となったうまみが押し寄せる。
昆布や魚介、トリガラなどの素材に調味料の味が、どれが突き出す事なく調和、融合する。

Dsc03501
麺は中細縮れの中華麺。カネジン食品による製麺所製。
ラヲタは自家製麺をマンセーするが、下手な自家製麺より「麺のプロ」の方が物は確か。
表面わずかに糊化してつるりとした食感。茹で方がうまく適度に腰が出ていた。
加水そこそこで小麦の味わいあり。このスープだと軽快な感じでサバサバいける。

Dsc03504_2
チャーシューは肩あたり。
赤肉と脂が適度に入るそれは、ダシ用廃物利用ではなく食わせるチャーシュー。
カエシとは別のタレで煮られた物と推測され醤油の尖りは感じられなかった。
噛み締めると弾力ある肉感。滲み出す肉汁と煮汁の混合したうまみが口の中に広がる。

Dsc03505
メンマは穂先メンマ。柔らかいながらもシャクシャクした食感がある。
これも煮筍の如く浅めに煮られた物であろう。和食の清楚な味わいがある。

Dsc03502
半熟の黄身がうまい!
黄身にダシ汁などで味付けするのが流行っているが・・・こちらは素材のうまみが濃い。
作り手の素材に対するこだわりが感じられた。

Dsc03507
サバサバ啜りこむのが楽しいラーメンではあるが・・・じっくり味わってみたいジレンマがあるラーメン。
啜りこみたい欲求を抑えながら・・・完食・完飲。

このラーメンの魅力は、素材と調味料の絶妙なバランス感。ぎりぎりのせめぎ合い。
強いて言えば、わずかながら、ほんのわずかながら素材が調味料をしのぐ感じ。
自分も数百軒のラーメン屋で頂いたが、これほど絶妙な味のラーメンは始めてである。
そして確かに店主の言う「昔ながらの中華そば」の味わいである。

正直、こちらで頂いたら、どこのラーメン屋に行って失望する様な気がして怖くなる。

「昔ながらの中華そば、今食うと恐ろしくマズイ」とは誰が言った?「中華そば」大いにお勧めである。

Dsc03494
チャーシューは絶品。確かに売り切れる理由がわかる。

Dsc03509_2
Dsc03490
らぁめん 赤星

埼玉県深谷市西大沼344-17(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:30~14:30 17:30~21:00

定休日 未定

席数 カウンター7席 小上がり2卓

喫煙 昼の部不可 夜の部可

駐車場 あり(店前3台)

交通アクセス 国道17号線を本庄より熊谷方面走行。「ボートピア岡部」を過ぎて右方面「深谷市街」方面へ。左手の「ラーメンあじ平」裏。「ファミリーブック大沼店」隣。

« 中華五十番@群馬県安中市 | トップページ | 山番@長野県小諸市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58763338

この記事へのトラックバック一覧です: らぁめん 赤星 3@埼玉県深谷市:

« 中華五十番@群馬県安中市 | トップページ | 山番@長野県小諸市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ