« らぁめん 赤星 3@埼玉県深谷市 | トップページ | 香福 3@福島県喜多方市 »

2013年12月18日 (水)

山番@長野県小諸市

浅間山の麓を走る浅間サンライン沿いに佇む。

Dsc03329
松林を抜ける道端にポツンと立つ風情のよさに惹かれた。11時半頃到着。
すでに先客の車が4台ほど見えた。
Dsc03334_2
「いらっしゃいませ」と女性スタッフから迎えられた。
中はとてもラーメン屋に見えない。イタリアンが出て来そうな雰囲気。おしゃれな音楽が流れる。
年齢高めのアベックが数組。カウンターに着席した。さっとお冷とお絞り、お新香が届く。

Dsc03332_3

Dsc03337_2
メニュー。
ラーメンは醤油と味噌の二本立て。トッピングで差をつけている様だ。
「さむらい」の付くラーメンは千円オーバーの豪華ラーメンのようである。
スタッフは若い男性一人、信州美人三人の体制。基本のラーメンをお願いした。

やがて先客のラーメンが配膳される。結構カニのハサミの載る「さむらい」が見える。
皆さん金持ちですなぁ・・・約12分後、自分にも着丼であった。

Dsc03338
ラーメン 580円

Dsc03340
言い方は悪いが、店の雰囲気からは想像できない、「中華そば」の基本に忠実なラーメン。
澄んだ琥珀色の表面に細かい油の粒が浮く。

Dsc03342
熱めのスープ。ストレートなガラ感を感じた。
そして煮干や野菜等のやわらかめな味わいが追いかけてくる典型的なラーメンのスープ。
若干、信州ラーメンとすれば塩分が高く感じられたが許容範囲。

Dsc03344
中細縮れの中華麺。
加水率はそこそこ高そうで透明感がありモチモチシコシコな嚙み応え。
ほんのりかん水が香り、啜るといい音がして啜るのが楽しい。これもラーメンの醍醐味。

Dsc03345_2
大きなチャーシューは肩あたりが二枚載る。
おそらくダシ用であろうが、しっとりほろほろで柔らかい。
噛み締めると適度に残ったうまみが染み出してスープの塩気と融合する。

Dsc03346

Dsc03348_2
メンマ、ナルトともにしょっぱくなった舌をリセットするのにありがたいアイテム。

Dsc03349_3
一見何の変哲もないラーメンは気軽にいける。完食・完飲。

街道沿いの、不特定多数の客相手の店は「何の変哲もないラーメン」であることが重要。
かつ、うまければならないと言う厳しい条件がある。
しかしこちらのラーメンはそれをクリア、完成度は高い。

昔ながらの中華そばも、しっかり作れば現代に通用する。大いにお勧めである。

Dsc03331_2
営業時間は季節によって違う模様。特に冬の火曜日は昼の部のみ(要確認)

Dsc03330
山番

長野県小諸市八満2189-3(地図)

TEL 0267-25-6396

営業時間 夏11:30~14:00 17:30~21:00 冬11:30~14:00 17:00~20:30(冬季は火曜日は昼の部のみ)

定休日 月曜日(祝日は営業。翌日休み)

席数 カウンター6席 テーブル6卓 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道18号を軽井沢から上田方面へ走行。「浅間サンライン入口」信号右折。「南ヶ原入口」信号先約30m左手。

« らぁめん 赤星 3@埼玉県深谷市 | トップページ | 香福 3@福島県喜多方市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58727237

この記事へのトラックバック一覧です: 山番@長野県小諸市:

« らぁめん 赤星 3@埼玉県深谷市 | トップページ | 香福 3@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ