« 陳茶楼@埼玉県東松山市 | トップページ | らぁめん 赤星 5@埼玉県深谷市 »

2014年1月 3日 (金)

野郎ラーメン 神田本店@東京都千代田区

JR神田駅近くに佇む。

Dsc03664
11時半頃到着。「○郎」というからラーメン二郎を意識しているのであろうか?
確かに以前、埼玉西川口の支店(閉店)で頂いたがキャベツ&モヤシテンコ盛だった。

Dsc03666

Dsc03667_2
券売機にあるメニュー。東京は券売機が店外にあるケースが多い。
ラーメン、つけめん、汁なしの三種類のヴァリェーション。無料トッピングも食券で。
「豚野郎」や「汁無し野郎」のネーミングに爆笑。「汁なし野郎」のボタン&背脂増しをポチリ。

Dsc03672
カウンターが6席ほどの狭い店内。東南アジア系と思われる男性店員二人に迎えられた。
むわっと来る湿気にメガネが曇る。あまりきれいではない店内。食券を手渡す。
一人がラーメン作り、一人が野菜炒めにいそしんでいた。6分程で着丼であった。

Dsc03674
汁無し野郎(背脂増し) 680円

ぞんざいな盛り方がいかにも「野郎」らしい。

Dsc03677
炒めモヤシの上に、デフォで生卵が載る。

Dsc03676
薄め、小ぶりチャーシューは腕などの筋がある部分。特に味付け無し。数枚入る。

Dsc03678
刻みノリがふんだんに入る。

Dsc03679
ふわふわの背脂。「多め」って言えばよかったかな?では・・・

Dsc03683
レッツまぜまぜ~ ぐるっとかき混ぜる。
茹で上がった麺の香りと、醤油の匂いが混ざって立ち昇る・・・

Dsc03680
麺は中細縮れ。茹で具合は若干硬めでカリポリ感あり。
卵や背脂、炒め野菜の油と混じったタレが絡んでカルボナーラ風にまったり。
シャキシャキのモヤシとモチボソの麺を一緒に挟んで口の中へ・・・
そこに刻みノリの海の香りが加わりうまさの四重奏、五重奏。ひたすら掻っ込む。

Dsc03685
忘れてた!卓上のニンニクを投入。

Dsc03686
最後にスープ割りを所望するも・・・「やってません」のお言葉・・・Orz
しかし多くの汁無しにありがちな「最後はしょっぱい」はなかった。完食であった。

店の狭さ、汚さ、ラーメンの姿から確かに「野郎」が食べるワイルドな雰囲気が漂う。
女にはわからない。わかって欲しくない。野郎だけのラーメン。大いにお勧めである。

P1000148
当日は天皇誕生日で皇居に参上、ありがたいお言葉を頂く。
ご皇室を戴ける日本人であることに無上の喜びを感じる。

天皇陛下万歳 大日本帝国万歳

Dsc03665_2
しかし・・・この力の入らないイメージキャラクターは何なのだ?

Dsc03691
野郎ラーメン 神田本店

東京都千代田区鍛冶町1-5-1 龍巧堂ビル1階(地図)

TEL 03-3251-3386

営業時間 11:00~22:30

定休日 日曜日

席数 カウンター7席

喫煙 不可

駐車場 なし

ホームページ http://www.yaroramen.com/

交通アクセス JR神田駅・西口下車。左手の方に進み「神田駅南口」信号を越えて約50m先左手。

« 陳茶楼@埼玉県東松山市 | トップページ | らぁめん 赤星 5@埼玉県深谷市 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58843215

この記事へのトラックバック一覧です: 野郎ラーメン 神田本店@東京都千代田区:

« 陳茶楼@埼玉県東松山市 | トップページ | らぁめん 赤星 5@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ