« 支那そば 山岸家@福島県福島市 | トップページ | 野郎ラーメン 神田本店@東京都千代田区 »

2014年1月 2日 (木)

陳茶楼@埼玉県東松山市

国道407号からちょっと入った、閑静な住宅街に佇む。

Dsc03616
「ちんちゃろ」と呼ぶらしい。
年の瀬でせかせかした空気の中、タンメンを求めてたどり着いた。時間はずれの2時頃到着。

Dsc03626

Dsc03628_2
「いらっしゃい」
明るい埼玉美人のママさんに迎えられた。厨房には同年代の男性、夫婦経営のようだ。
昔ながらの中華屋な店内。テーブルに着席、さっと麦茶が届いた。

Dsc03622

Dsc03624_2

メニュー
ラーメン、ご飯物、一品物、定食、セット物など典型的な街の食堂・中華屋メニュー。
目当てのタンメンと、当然こんなお店なら組み合わせたい餃子をお願い。10分程で着丼。

Dsc03632
タンメン 650円

Dsc03635
もうもうと立ち昇る湯気と熱気が、冷えた顔を温める。

Dsc03638
具のうまみが溶け出し、うっすら濁るスープ。浮く油の香ばしい匂い。
注意しながら熱々のスープを啜りこむ。ガラ感と具の甘み。ほのかな塩味。

Dsc03640
あまり卵は入らないのか?白っぽい麺は自家製麺との事。
タンメンと言えば黄色い麺が似合いだが、こんな小麦感いっぱいの素朴な麺もいい。
ちょっと柔めな茹で具合でツルツルいける。

Dsc03639_2
具はキャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジン、白菜、豚コマが入る。
茹で具合は少し柔めで適度にシャキ感を残し、噛み締めると素材のうまみと吸ったスープのうまみが滲み出す。そして・・・

Dsc03630
餃子 350円

Dsc03643
つるっとした滑らかな皮の食感が快感。餡は熟成、酸味を伴った汁が滲む。

Dsc03644
麺と具を一緒に食べると両方の味と食感の調和が味わえるのがタンメンのいいところ。
そしてスープを飲む。スープが冷めるに従い、隠れていた味が現れる・・・完食・完飲。

店の雰囲気で選んだが大当たり。やはりタンメンは中華屋。大いにお勧めである。

Dsc03645

Dsc03618_2

Dsc03617_2
陳茶楼

埼玉県東松山市沢口町29-19(地図)

TEL 0493-24-8990

営業時間 11:00~14:30 17:00~20:30

定休日 月曜日

席数 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり(道を挟んだお店の向かい)

交通アクセス 国道407号を熊谷から鶴ヶ島方面へ走行。「東平」信号左折。一つ目の信号を右折、約100m先右手。

« 支那そば 山岸家@福島県福島市 | トップページ | 野郎ラーメン 神田本店@東京都千代田区 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

今年も宜しくお願い致します。

いい雰囲気の一軒ですね♪
やはり“ちんちゃろそば”が気になってしまいます。

もう少し遠征範囲を広げるのが、今年の目標ですm(__)m

>>ランディさん

あけましておめでとうございます

店名を冠したラーメン、古くからのお店には結構ありますね。
自分は値段のこともあってなかなか手が出ませんが・・・
最初はデフォ、次回の宿題にしたいと思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58839827

この記事へのトラックバック一覧です: 陳茶楼@埼玉県東松山市:

« 支那そば 山岸家@福島県福島市 | トップページ | 野郎ラーメン 神田本店@東京都千代田区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ