« 御嶽飯店@群馬県渋川市 | トップページ | ラー麺 ハンリュウ@長野県松本市 »

2014年1月29日 (水)

らあめん ひばりや@長野県上田市

上田市役所、上田高校近くに佇む。

Dsc00537
朝9時開店。信州では珍しく朝ラーできる店。10時頃到着した。

Dsc00540_2
「いっらっしゃい」
年配の、ご夫婦と思われる男女に迎えられた。土曜日&朝とあって一番乗り。
内装はウッド調で山小屋風。カウンターに着席した。

Dsc00539
メニュー
こちらは鶏白湯スープ一本。塩・醤油・味噌の三種類の味。
「塩らあめん」をお願いした。店主のじっくりしたオペレーション。8分ほどで着丼であった。

Dsc00543
塩らあめん 700円

Dsc00544
ひときわ大きなチャーシューが目を惹く。

Dsc00545_2
きめ細かく乳化したスープは実にクリーミー。滑らか。ポタージュの如き。
コラーゲンとうまみのバランスが絶妙。「濃ければえらい」と思っている隣県とは大違い。
鶏や昆布のうまみ一杯。塩が尖らずアシスト、うまみを増幅する。

Dsc00547
濃厚スープに比して、繊細な感じが何とも愛おしい感じの極細麺。
持ち上げるとスープが重くて麺がしなやかに伸びる。粘度あるスープが絡む。
細くてもモッチリな味わいで主張あり。

Dsc00549_2
巨大チャーシュー。
持ち上げられないほどホロホロに柔らかい。唯一醤油を感じるカエシが適度に染み込む。

Dsc00550_2
メンマはプリッとした噛み応え。味付けは浅めで竹の風味とうまみを感じる。
スープと一緒に頂くと美味。

Dsc00551
まるで上出来のフレンチを頂くが如く、一口一口、一匙一匙ゆっくり頂く。
崇高な味の余韻に酔いしれる・・・丼の底まで堪能した。

最近の信州ラーメンの発展には目をみはる物がある。
若手の台頭や、異なるジャンルからの参入で各店切磋琢磨、刻苦研鑽している。
その甲斐あって、レベルの高い店が多く出来ている。

こちらもそんな一店、大いにお勧めである。

Dsc00541_3
こんな物も用意。

Dsc00552

Dsc00538_2
らあめん ひばりや

長野県上田市大手1-10-5(地図)

TEL 0268-75-7988

営業時間 9:00~21:00(20:30Lo) 火曜日9:00~14:00

定休日 なし

席数 カウンター14席

喫煙 不可

駐車場 あり(5台)

店主ブログ http://hibari-ya.blogspot.jp/

交通アクセス 国道18号を小諸から長野方面走行。「中央北」信号左折。4つ目の「中央2丁目」信号右折。「市役所前」信号左折、突き当たり手前左手。

« 御嶽飯店@群馬県渋川市 | トップページ | ラー麺 ハンリュウ@長野県松本市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59015135

この記事へのトラックバック一覧です: らあめん ひばりや@長野県上田市:

« 御嶽飯店@群馬県渋川市 | トップページ | ラー麺 ハンリュウ@長野県松本市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ