« らあめん ひばりや@長野県上田市 | トップページ | らぁめん 赤星 6@埼玉県深谷市 »

2014年1月31日 (金)

ラー麺 ハンリュウ@長野県松本市

松本から上高地に向かう道付近に佇む。

Dsc00581
にぎやかな装いとキムチの看板から朝鮮人の店と思われる。12時頃到着。

Dsc00561
「いっらしゃいませ」
かわいい女性店員に迎えられた。奥にも妙齢の美人が・・・親子かと思われる。
先客なし。カウンターに着席した。

Dsc00558
メニュー
唐辛子の絵が見える。辛いラーメンの意味か?牛スジラーメンを「塩」でお願いした。

Dsc00565
カウンター上にはこんな物が置かれていた。車でなければ頂きたいところだが・・・
奥のママさんの湯きりの音が軽快。10分くらいで着丼であった。

Dsc00568
牛スジラーメン(塩) 650円

Dsc00570
おおよそそこいらの日本のラーメンとは異なる様相。
清楚な感じの白いスープに青い薬味が映える。糸唐辛子がおしゃれ。

Dsc00573
微濁したスープは程よい動物感。処理がいいのか?素材のせいか?臭みなし。
牛骨の冴えたうまみ一杯。軽やかな塩味で食べやすい。ほんのり白ゴマが香る。

Dsc00574
この繊細なスープに、これまたぴったりの極細麺。
しかし九州ラーメンのようなパリパリではなくしなやかな弾力を持つ。
縮れがスープを引っ掛け軽やかに啜りこめる。
麺はちぢれ麺・手打麺・唐辛子麺から選べる模様。

Dsc00576
半玉が載る。半熟の黄身に塩スープが似合う。

Dsc00578_2
牛スジ煮込みが載る。焼肉のタレみたいな甘辛な味付け。
フルフルなコラーゲンとコリコリな軟骨が不思議な食感。

Dsc00579
韓国のりで「海苔巻き麺」をやってみる。青海苔なのでいい風味。

Dsc00560
こんなのも提供された。ニンニクの芽のキムチ。

Dsc00580_2
よそでは味わえない味にちょっと感動。完食・完飲であった。

日本の庶民の味であるラーメンと、韓国の技法の融合がこちらの「心」だという。

かつて日本は、「日韓併合」で両国民が共存共栄した合邦国家であった。
朝鮮の独立運動家・呂運亨は大東亜戦争の意義を理解、日本軍への積極的な志願を促したという。
敗戦間際、半島の混乱を恐れた朝鮮総督府は、呂に朝鮮人による半島統治を依頼。
呂は日本の不干渉を条件に承諾。1945年9月「朝鮮人民共和国」建国を宣言する。
しかしアメリカは親日国家としてこれを承認せず、代わりに反日の李承晩が大韓民国を建国、世界一の反日国家が誕生した。

「呂運亨が大統領だったら、日韓関係は全く違っていただろう。」

そう言って残念がる人は多いという。

Dsc00556

Dsc00555_2
ラー麺 ハンリュウ

長野県松本市波田1909 さざなみビル1F(地図)

TEL 0263-92-7187

営業時間 11:30~14:00 17:00~21:00(20:30Lo)

定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

席数 カウンター5席 小上がり4卓

喫煙 可

駐車場 あり(10台)

交通アクセス 国道158号を松本から上高地方面へ走行。「三神社」信号のすぐ先に・・・

Dsc00582
こんな看板があります。ここを右折、約100m先左手です(^^)

« らあめん ひばりや@長野県上田市 | トップページ | らぁめん 赤星 6@埼玉県深谷市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59020753

この記事へのトラックバック一覧です: ラー麺 ハンリュウ@長野県松本市:

« らあめん ひばりや@長野県上田市 | トップページ | らぁめん 赤星 6@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ