« しおえ@福島県会津若松市 | トップページ | らあめん ひばりや@長野県上田市 »

2014年1月27日 (月)

御嶽飯店@群馬県渋川市

「おんたけ」と読む。JR八木原駅付近に佇む。

Dsc04001
年季の入った看板が何ともいい感じである。ちらほら車が停まる。丁度12時頃到着した。

Dsc04005
「いらっしゃい」
雰囲気に似つかわしくない?若い男性店員に迎えられた。
「いかにも食堂」といった感じのパイプテーブルに着席。さっとお茶が届く。
奥の小上がりには先客の靴が見える。

Dsc04003
メニュー
おびただしいメニュー数。全部が作れる器用さもすごいが、食材の数もすごい。
毎日ロスが出ないように、品切れにならないように仕入れるのも腕のうちか?
デフォのラーメンは今時うれしい400円。チャーシューメンをお願いした。

客が少ない割りには時間がかかるな・・・と思ったら出前用の料理を製作中だった。
厨房には年配の男女もいらしたから親子経営なんだと思う。15分程で着丼であった。

Dsc04013
チャーシューメン 600円

Dsc04015
あまり油が浮かない表面。淡い醤油色のスープはオーソドックスな中華そばの姿。

Dsc04016
鶏のうまみがしっかり出たスープ。思わず「当たり」と心の中で叫ぶ。
じっくりダシを取った感じで味わい深い。他の料理で出たであろう野菜くずの甘みもある。
ほんのり生姜が香る。カエシのコクが控えめにアシスト。温度は熱め。

Dsc04017
麺は中細縮れの一般的な中華麺。若干柔めの茹で具合で表面が糊化して滑らか。
啜ると、あっさりキレのいいスープを持ち上げてサバサバ口の中に飛び込んでくる。
かん水の風味が懐かしさを誘う。

Dsc04022
小ぶりなバラチャーシュー。
カエシで煮られた物であろう。赤身に醤油のうまみが染み込む。
脂部分がトロトロに融け、箸では持ち上げられない。これが5枚位載る。

Dsc04020
メンマは幅広。しかし硬くないシャッキリな噛み応え。あっさり薄味で竹のうまみいっぱい。

Dsc04024_2

Dsc04026_2
青みやナルトが丼を彩る。女性的な配色からママさんのセンスか?とも思う。
いい舌休め。

Dsc04033
食べ進むうちにチャーシューがバラバラになる。麺や他の具と一緒に頂く。
うまみが染み出して味がいっそう豊かになる・・・完食・完飲であった。

やっぱり中華屋・食堂のラーメンは気兼ねなく、そして飽きない。大いにお勧めである。

Dsc04007

Dsc04034
御嶽食堂

群馬県渋川市半田1075-11(地図)

TEL 0279-23-0127

営業時間 11:00~14:30 17:00~20:00

定休日 火曜日

席数 テーブル4卓 小上がり

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道17号(バイパス)を前橋から渋川・沼田方面へ走行。渋川市に入り・・・

Dsc04037
「八木原駅」方面に降り、「半田」信号左折、約500m先左手。

« しおえ@福島県会津若松市 | トップページ | らあめん ひばりや@長野県上田市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58985687

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽飯店@群馬県渋川市:

« しおえ@福島県会津若松市 | トップページ | らあめん ひばりや@長野県上田市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ