« らぁめん 赤星 4@埼玉県深谷市 | トップページ | 陳茶楼@埼玉県東松山市 »

2014年1月 1日 (水)

支那そば 山岸家@福島県福島市

新年、あけましておめでとうございます。

東北新幹線沿いの道に佇む。

Dsc03591
以前この界隈に来たときに横目で見た店。かなりの行列だった。
当時は勉強不足で「ずいぶん流行ってる店だなぁ」と思っていたが・・・調べたら人気店。
終了間際の2時40分頃到着。

Dsc03596_2
「いらっしゃい」
迎えてくれたのはハンサムなコックコートの男性。さっとお冷が提供された。

Dsc03611
カウンターのみの横に長い店内はウッド調&照明も薄暗くていいムード。アベック向け。

Dsc03599

Dsc03600_2
メニュー
紙が貼ってあるのは、かつてはご飯物も提供していたが、震災の影響により休止中との事。
基本であろう「しょうゆらーめん」をお願いした。6分ほどで着丼であった。

Dsc03604
しょうゆらーめん 720円

Dsc03606_2
5mmほどの透明な油の向こうに、深い琥珀色のスープが見える。

Dsc03607
レンゲでスープを割ると、立ち昇る醤油と魚介の融合した香り。
表面の油がその熱さを唇に伝える。やはり雪国のラーメンは熱いのがご馳走。
しっかりコクのある醤油と魚介のうまみの向こうに、澄んだ上品な鶏ダシが感じられた。

Dsc03608_2
麺は丸みを帯びた中細ストレート。加水低めの小麦の風味香る麺。
モチモチ感少なく小麦のうまみが圧縮され、ちょっと硬めでパッツンとした噛み切り心地。
力強いスープを受け止め、しっかり融合する。

Dsc03609
チャーシューでかっ!
大ぶりの巻きバラが丼のかなりの部分を覆い隠す。
赤身を噛むと、豚のうまみがにじみ出る。熱いスープに脂が溶けてうまみが活性化する。

Dsc03610_2
なかなか程よく味付けられたメンマは上品。プリッとした歯応えがなかなか。

Dsc03612
麺量は平均的な150g位だろうか?じっくりじっくり味わう。
冷めて行くほどにうまみがいっそう濃くなり、なおじっくり味わいたくなる一杯。行列に納得。

福島と言えば喜多方ラーメンや白河ラーメンが有名だが、福島市もいい店が多いようだ。
ここなんか東京へ行っても通用するんじゃなかろうか?大いにお勧めである。

Dsc03613
街角にあるこんな看板。政府の「原発事故収束宣言」は嘘。未だ福島は苦しんでいる。

Dsc03594

Dsc03592
支那そば 山岸家

福島県福島市南矢野目字高田東15-12(地図)

TEL 024-553-3455

営業時間 11:30~15:00

定休日 火曜日

席数 カウンター9席

喫煙 不可

駐車場 あり(14台)

交通アクセス 国道13号をJR福島駅方面より北上、「壁谷沢」信号右折。一つ目の信号左折、約200m先右手。

« らぁめん 赤星 4@埼玉県深谷市 | トップページ | 陳茶楼@埼玉県東松山市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/58820425

この記事へのトラックバック一覧です: 支那そば 山岸家@福島県福島市:

« らぁめん 赤星 4@埼玉県深谷市 | トップページ | 陳茶楼@埼玉県東松山市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ