« ラー麺 ハンリュウ@長野県松本市 | トップページ | 信州五十六家@長野県塩尻市 »

2014年2月 3日 (月)

らぁめん 赤星 6@埼玉県深谷市

新メニュー登場の情報をキャッチ!

Dsc04403
12時ちょっと前に到着。燻されたような外装が落ち着いた雰囲気を醸し出す。

Dsc04390
「いらっしゃいませ」
スタッフから元気な声が掛かる。
先客はカウンターにアベック一組。小上がりに若い人のグループ二組。カウンターに着席。

Dsc04388_2
メニュー。こちらは定番だが・・・

Dsc04386
壁に新メニューが書かれていた。
また、「替え玉100円」とも・・・こちら大盛りがないためそのための措置らしい。
お冷を頂いた埼玉美人のママさんに「塩らぁめん」をお願いした。
12時を回ると後客もぽつぽつとやってくる。10分後、イケメンの若い店員から着丼であった。

Dsc04392
塩らぁめん 650円

Dsc04394_2
白い丼に淡いアイボリーのスープが清楚。
鮮やかなパステルカラーのトッピングが映える。配色センス抜群。糸唐辛子がおしゃれ。

Dsc04395
熱いスープに香味油が浮く。しかし決して過多ではない。
やんわりとした味わいは魚介系の豊かな味わい。しかし突き出さない絶妙なバランス。
ちょっと甘味は干し貝柱(ホタテ?)の甘みか?塩は尖らずサポート。

Dsc04396
麺は同店の「和そば」と共通と思われるストレート麺。わずかに柔めでモッチリな食感。
やさしいスープの香と小麦やかん水の香の香が渾然となって鼻腔をくすぐる。

Dsc04398
ローストポークライクなチャーシュー。
ピンク色。火が中まで通ったか通らないかギリギリの通し具合。
秀逸な醤油ダレがほんのり染み込み、かみ締めると肉汁と共に染み出してくる。
このチャーシューに魅せられたファンは多いと言う。

Dsc04399_2
チャーシューと並んで、こちらも人気アイテムの穂先メンマ。
あっさり煮られた竹と、シャクシャクな食感がたまらない。

Dsc04400
ほうれん草や麺やネギを海苔で巻き込む「海苔巻き麺」。
糸唐辛子がピリッと辛いアクセント。

Dsc04402
かなり手間と時間と材料が掛かっていそうなラーメン。じっくり頂く。
残ったスープをレンゲで一匙づつ丁寧に頂いた。丼の底まで完食・完飲。

この界隈、豚骨系や魚介系のインパクト強めのラーメン店が多い。
そんな中、こちらのラーメンはオアシスであろう。塩らぁめん、大いにお勧めである。

Dsc04385
居酒屋としての機能もあり一品物のメニューも多い。
店主、新しい味も考え中とか?今後も期待できる。

Dsc04384

らぁめん 赤星

埼玉県深谷市西大沼344-17(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:30~14:30 17:30~21:00

定休日 木曜日 第二、第四水曜日

席数 カウンター7席 小上がり2卓

喫煙 11:30~14:30禁煙

駐車場 あり(店前3台)

交通アクセス 国道17号線を本庄より熊谷方面走行。「ボートピア岡部」を過ぎて右方面「深谷市街」方面へ。左手の「ラーメンあじ平」裏。「ファミリーブック大沼店」隣。

« ラー麺 ハンリュウ@長野県松本市 | トップページ | 信州五十六家@長野県塩尻市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59057378

この記事へのトラックバック一覧です: らぁめん 赤星 6@埼玉県深谷市:

« ラー麺 ハンリュウ@長野県松本市 | トップページ | 信州五十六家@長野県塩尻市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ