« 葵飯店@福島県喜多方市 | トップページ | おおぎやラーメン 上里店@埼玉県上里町 »

2014年2月13日 (木)

さゆり食堂@福島県喜多方市

喜多方郊外の住宅地に佇む。

Dsc05180
雪の中に白い建物はまるで保護色のようで目立たない。しかし人気店なのだ。
10時開店。11時ちょっと過ぎた頃に到着。数台の先客の車が見えた。
Dsc05186
扉を開けた瞬間、店内に漂う煮干の甘い香りに包まれる。
「いらっしゃいませ」元気な若い声が掛かる。
それほど古くない店は清潔感いっぱい。そして広々余裕あり。テーブルに腰掛ける。

Dsc05184
Dsc05185
メニュー
ラーメンのほか、ご飯物もありさすが食堂。
スタッフは若い男性一人、喜多方美人二人の体制。
お冷を持ってきてくれた若い喜多方美人に「白雪ラーメン・脂多め」でお願いした。

Dsc05189
白雪ラーメン(脂多め) 650円

Dsc05191
なかなかいいゲ・・・脂っぷりではないか!
当日は数十年に一度の豪雪。それにちなんで「豪雪ラーメン」とも呼びたい。

Dsc05193
さっと表面をレンゲで割る。向こうに琥珀色濃い澄んだスープが見えた。
ズズズ・・・あちちちち!表面に浮く油は熱い!ご用心。ふうふう・・・
まったりした柔らかな脂のうまみ。そしてすっきり、かつシャープな煮干の甘みあり。

Dsc05196
定番の中細縮れの喜多方麺は、こんな主張の強いスープにも存在感を示す。
しっかりスープを受け止め融合、かなり食い応えあり。
噛み切るとかん水の香りが鼻腔に広がる。

Dsc05197
チャーシューはバラ。カエシが染み込みちょっと甘辛。
スープの熱さで脂部分がトロトロに融けて分離、箸では持ち上げられない。これが2枚。

Dsc05198
メンマは素材の味がしっかり生きる浅めの味付け。スープに味付けられる感じだった。

Dsc05199
こんなアブラーメンでは刻みネギの役割も大きかった。
メンマや崩れたチャーシューと一緒に頂く。

Dsc05200
最後にナルトで口直し。

Dsc05201_2
レンゲで一通り背脂を掬って頂いた。スープは健康を考えて少々残す。

実はこちら、14年営業を続けたあと、店主の体調不良のため廃業。
しかし地元ファンの熱心な要望から、今の若い店主が味を受け継ぎ昨年再開したらしい。

客が店を育てる好例であろう。復活した名店の味、大いにお勧めである。

Dsc05182

Dsc05181_2
さゆり食堂

福島県喜多方市字清水が丘1-11(地図)

TEL 0241-23-1317

営業時間 10:00~17:00

定休日 火曜日(祝日の場合は前後)

席数 テーブル3卓 カウンターテーブル8席 小上がり3卓

喫煙 未確認(灰皿は見えませんでした)

駐車場 あり

交通アクセス 喜多方駅を背にして8つ目(1,700m)の国道459号と交差する信号を左折、三つ目の信号(700m先。右手にセブンイレブン)の信号を左折。一つ目のローソンのある信号を左折、一つ目の路地を左折。約50m先左手。

« 葵飯店@福島県喜多方市 | トップページ | おおぎやラーメン 上里店@埼玉県上里町 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59101002

この記事へのトラックバック一覧です: さゆり食堂@福島県喜多方市:

« 葵飯店@福島県喜多方市 | トップページ | おおぎやラーメン 上里店@埼玉県上里町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ