« お食事処 おおた@福島県磐梯町 | トップページ | らぁめん 赤星 7@埼玉県深谷市 »

2014年3月21日 (金)

麺処ぼたん 宇都宮本店@栃木県宇都宮市

宇都宮の新店。ラー友さんの記事に刺激された。

Dsc05802
2014年2月開店。何と!自分がよく行くHARD OFFのすぐ近くではないか!
福島からの帰り道、ざっとHARD OFFをチェックした後、夜8時頃到着した。

Dsc05782
「いっらしゃいませ」
イケメン男性二人、若い宇都宮美人に迎えられた。先客はアベック、家族連れの三組。
カウンターに着席、サッとお冷が届く。

Dsc05783
メニュー
とりあえずこのメニューが基本か?今後の、特にまぜそばに期待。
事前の調べで背脂ラーメンがあることを知る。
しらばっくれて「土佐醤油ラーメンて背脂が入るんですよね?」と聞くと、宇都宮美人が「はい、そうです」と答えられた。
作り手の味を否定する様で申し訳ないが「土佐醤油・脂多め」とお願いした。

Dsc05786
厨房の向こうに製麺機が見えた。
丁寧な仕事っぷりはこちらならでは。トッピングもあれこれ乗っかるようだ。
ゆえに時間は少々掛かるが・・・10分くらいで着丼であった。

Dsc05788
土佐醤油らーめん(脂多め) 700円

Dsc05790
和食出身の店主、配色や配列など、見た目の姿にもこだわる。

Dsc05791
あああ、どこへ行ってもアブラなアタシ・・・脂多めではこんな感じ。
ふわふわの脂身からふっと豚の風味が・・・しかしそこから重厚な醤油が突き抜ける。
かなりどっしりしたインパクト。やや遅れて魚介の甘みが追いかけてくる。

Dsc05793_2
麺は厚みある平打ちの角太麺。
かなり強靭でモチモチ。かなり噛み応えがあり楽しい麺。
細麺に変更も可能らしいが、ちょっと醤油の濃いアブラー麺にはこの位しっかりした麺がいい。
小麦のうまみと醤油のうまみと脂のうまみが交じり合う。

Dsc05794
チャーシューは中心がほのかに火の通った感じのローストポーク風。

Dsc05795
濃い目のスープに組み合わされるメンマは、舌休めの目的もあるだろうさっぱり浅めの味。

Dsc05797
ほかに春菊や水菜など、口直し的に配列されたものであろう。
強めのスープと、麺とトッピングのマッチングは作り手の計算どおりに働く。

Dsc05796
軽く炙られたあぶらげは、ラーメンのトッピングは珍しい。
よく行くそば風ラーメン屋に「あぶらげ載せてきつねラーメン出せよ」と言ってるが・・・
けっこう香ばしくていいのではないか?

Dsc05799_2
スープをじっくり頂き、濃厚な醤油のうまみを堪能した。ごちそう様でした。

こちら、栃木市美味食間くわ田が発祥。その確かな味作りは多くのファンを魅了。
遠く埼玉・所沢から高速で食べに来る人もいた。自分も仕事中によく通った。
その後、栃木市に移転。佐野市にも系列店を構えた。

お勘定時「こちらと栃木の店と、どちらが本店ですか?」と聞くと、「こちらが本店です」との事であった。

この界隈は激戦区、いいお店がたくさんある。宇都宮恐るべし!大いにお勧めである。

Dsc05781_2

Dsc05801_2
麺処 ぼたん 宇都宮本店

栃木県宇都宮市西川田本町3-9-8(地図)

TEL 028-612-2424

営業時間 11:30〜15:00 18:00〜21:30

定休日 水曜日

席数 カウンター4席 テーブル4卓

喫煙 不可

駐車場 あり

店主ブログ http://ameblo.jp/inotti0212/

交通アクセス 国道50号を佐野から小山方面へ走行。「静」信号左折、県道11号、309号、2号を宇都宮方面へ北上、国道121号と交差する「西川田本町」信号右折。一つ目の「西川田本町二丁目」信号右折、約150m先右手。

« お食事処 おおた@福島県磐梯町 | トップページ | らぁめん 赤星 7@埼玉県深谷市 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59315475

この記事へのトラックバック一覧です: 麺処ぼたん 宇都宮本店@栃木県宇都宮市:

« お食事処 おおた@福島県磐梯町 | トップページ | らぁめん 赤星 7@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ