« ラーメン二郎 京成大久保店 2@千葉県船橋市 | トップページ | やまや食堂 本町店 2@群馬県館林市 »

2014年3月12日 (水)

佐野ラーメン いってつ@栃木県佐野市

産業道路からちょっと入ったところに佇む。

Dsc05640
11時40分頃到着、結構な人気。行列にジョイントした。

Dsc05651
ちょっと待って店内へ。客層は若いアベックや家族連れ、年配者と幅広い。

Dsc05648
入り口付近に麺打ち場が見えるのは佐野では普通の風景。カウンターに通された。

Dsc05652
Dsc05656
メニュー
しょうゆ、塩の二系統。あとは餃子とシンプルな構成。
塩は昼限定の模様。以前頂いておいしかった塩ラーメンをお願いした。

Dsc05658
スタッフは男性3人、佐野美人3人の大所帯。結構提供は早く5分くらいで着丼であった。

Dsc05661
しおラーメン 550円

Dsc05663
なんと麗しいラーメンであろうか?思わずため息・・・白い丼の底まで見える清楚なスープ。
ちりばめられたトッピングが映える。

Dsc05665
ふわりと香る一点の濁りなきスープ。油玉が日差しにきらめく。温度は熱め。
魚介、昆布、動物が絶妙にバランス、豊かな味わいで全体的おとなしめ。

Dsc05666
名物・青竹手打ち麺。
しっかりした太麺から、はかない感じの細麺まで、さまざまな麺がおりなす面白い食べ心地。
圧縮されエッジが立ち。もっちり柔らかな中にシコッとした部分を持つ。
噛み締めると小麦の風味と甘みが感じられる。
穏やかな塩具合がやさしくフォロー・・・

Dsc05668
チャーシューは巻きバラ。赤身部分からうまみがにじみ出る。

Dsc05669
メンマはほんのり甘め。シャックリ柔らか。

Dsc05671
Dsc05670
彩りを添えるナルトとアオサ。作り手の装飾センスのよさが伺えた。

Dsc05673
こうやって巻いて一緒に頂く。海の香りがする。

Dsc05674
きわめて穏やかな一杯。心が和む。人気の理由がわかる。
毎日食べても飽きない感じの仕上がりが佐野ラーメンのいいところ。
かつてこの界隈で仕事したとき、毎日頂いてた経験がある。

「いってつの塩」大いにお勧めである。

Dsc05675
Dsc05676
Dsc05642
佐野ラーメン いってつ

栃木県佐野市高萩町1201-7(地図)

TEL 0283-24-2465

営業時間 11:30~19:00

定休日 火曜日

席数 カウンター5席 テーブル4卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道50号を太田から宇都宮方面へ走行。県道9号と交差する「高萩」立体交差を左、佐野市街方面へ。二つ目の「高萩町」信号右折。一つ目の信号超えて約100先左手。 

« ラーメン二郎 京成大久保店 2@千葉県船橋市 | トップページ | やまや食堂 本町店 2@群馬県館林市 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

最近、佐野手打ラーメンの塩も、随分増えて来たように思います。
各店色と思考を凝らして、様々な“塩ラーメン”が出来上がっているようです。

シンプル過ぎると個性が消え、凝りすぎると佐野ラーメンの持つ質素さが失われ…。
個人的には未だ“佐野の塩”の答えが出ていません。
もう少し勉強したいと思いますm(_ _"m)ペコリ

>>ランディさん

深く考えず「恒」の塩ラーメンでいいんじゃないですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59272947

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野ラーメン いってつ@栃木県佐野市:

« ラーメン二郎 京成大久保店 2@千葉県船橋市 | トップページ | やまや食堂 本町店 2@群馬県館林市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ