« らーめん 住吉@埼玉県小川町 | トップページ | ひさじ屋@福島県喜多方市 »

2014年5月21日 (水)

らーめん一平 喜多方本店 4@福島県喜多方市

朝7時から営業。

Dsc05285

開店時間近くになると、次々と車が入ってきて、あっと言う間に駐車場が一杯になる。
開店時間丁度に入店、カウンターに着席。「いらっしゃいませ」とさわやかな声が響く。

Dsc05266

Dsc05267
増税で価格は50円づつ上がっているのは仕方ない。人気はじとじとラーメンだが・・・
そう言えばこちらのデフォは頂いた事はない。ラーメンをお願いした。

Dsc05269

店主を中心に、喜多方美人二人がサポート&配膳。
店主、丼を5つくらい並べて脂をゴリゴリゴリ・・・皆さん朝からじとじと。元気ですなぁ~
一斉に配膳が始まる。7時15分頃着丼であった。

Dsc05270

ラーメン 600円

Dsc05272

黄金のスープの中心に、刻みネギの青と白は喜多方ラーメン定番の姿。

Dsc05274

結構ラードが膜を貼る。決して喜多方ラーメンはあっさりではない。
軽快な醤油のカエシに、煮干の甘みが冴え渡る。

Dsc05275

麺も定番&アイデンティティーの中太縮れの喜多方麺。広いシェアを持つ地元の製麺所製。
加水率高くモチモチプルプル。ああ快感・・・

Dsc05276

チャーシューはバラ。煮られて適度にカエシをまとう。
熱いスープで脂がトロトロ。これが4枚載る。喜多方ラーメンはチャーシューが多い。

Dsc05277

若干味に主張あるスープ。ゆえに舌休め的役目を担うメンマ。

Dsc05278

塩辛くなった舌をリセットするなると。「の」の字が鮮やか。

さわやかな朝の雰囲気に浸りながらじっくり頂く。完食・完飲。ごちそうさま。

最近、某反日漫画 で「福島に行ったら鼻血が出た」「疲れやすくなった」と、あたかも福島に行くと被爆、放射能症になるような描かれ方をした。
しかし自分は頻繁に福島に行くが、鼻血など出ない。
事実なら、福島県人はみんな鼻にティッシュを詰めてるはずだ。
大方、無農薬・無化調ばかり食べているから、抵抗力がなくなったのが原因だと思う。

じとじとばかりが一平ではない。じとじと食べたら次はデフォ。大いにお勧めである。

Dsc05268_2

後客も続々入店。喜多方の人は本当にラーメンが好きなんだと思う。

Dsc05284
Dsc05286
らーめん一平 喜多方本店

福島県喜多方市松山町村松字石田1453(地図)

TEL 0241-23-0699

営業時間 7:00~18:30

定休日 水曜日

席数 カウンター6席 テーブル5卓 小上がり2卓

喫煙 可(混雑時はなるべく禁煙ご協力願います)

駐車場 あり(25台)

ホームページ http://ippekita.web.fc2.com/index.html 

交通アクセス 喜多方駅を背にして8つ目(1,700m)の国道459号と交差する信号を左折、三つ目の信号(700m先。右手にセブンイレブン)の信号先約30m左手。

« らーめん 住吉@埼玉県小川町 | トップページ | ひさじ屋@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59660854

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん一平 喜多方本店 4@福島県喜多方市:

« らーめん 住吉@埼玉県小川町 | トップページ | ひさじ屋@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ