« ラーメン二郎 三田本店 2@東京都港区 | トップページ | らーめん 住吉@埼玉県小川町 »

2014年5月18日 (日)

らぁめん 赤星 9@埼玉県深谷市

めっきり暑くなってきた今日この頃・・・

Dsc05256

時間外れの二時頃入店。いつもの様に、ご夫婦の愛想よい挨拶に迎えられた。

Dsc05257

うおっ!新メニューか?冷し中華みたいなものか?店主に聞くと・・・
冷しラーメン です」との事。自分は何度か頂いているが、まだまだマイナーな部類。
加えてわがままで、こちら「そば屋」ならではのタヌキ(揚げ玉トッピング)お願いした。

Dsc05238

茹で上がった麺を水にさらして〆る店主。力強い。10分程で着丼であった。

Dsc05239

冷し和そば(タヌキ) 750円

Dsc05241

一見フツーのラーメン。しかし冷たいのだ。
深い琥珀色のスープにさまざまなトッピングが載る。清涼感いっぱい。

Dsc05249

ヒンヤリ冷たいスープ。固まるので油はなし。コク深い醤油にカツオの甘みが冴える。

Dsc05250

麺はこちらの「和そば」用ストレート細麺。しっかり〆られてコリコリ。
スープ的にはソーメンだが、強靭な麺の食感が面白い。キンキンに冷え喉越しがいい。

Dsc05248

チャーシューは刻み。冷たいスープでは固まり食べにくくなるのを防ぐ為だろうが正解。
まるで冷蔵庫から出して切った高級ロースハム。固まった脂がバターの如し。

Dsc05245_2

Dsc05246

Dsc05243

トッピングはとろろ昆布、三つ葉など青みがふんだん。大評判の穂先メンマ。そして・・・

Dsc05247

タヌキ。こってりが出来ない冷しラーメンにドンピシャ!サクッとした香ばしさ。
店主は考えてなかったらしいが強く推奨しておいた。

Dsc05251

当日は夏陽気。かなり暑かったが・・・胃の底から冷えてくる。ごちそうさまでした。

夏場のラーメン屋は冷製メニューがカギ。どうしてもそばうどん屋に客を持っていかれる。
冷し中華が定番だろうが、自分含め酢が苦手な方は多いと思う。
さりとて、つけめんでは、麺は冷たいが着け汁は温かい。中途半端。

何かいい方法はないか?思っているあなたへ、「冷しラーメン」大いにお勧めである。

Dsc05235

これからビールがうまい季節だ。

Dsc05236
あえて調味料を控え素材のうまみを前面に出す。じっくり味わいたい。

Dsc05259
らぁめん 赤星

埼玉県深谷市西大沼344-17(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:30~14:30 17:30~21:00

定休日 木曜日 第二、第四水曜日

席数 カウンター7席 小上がり2卓

喫煙 11:30~14:30禁煙

駐車場 あり(店前3台)

交通アクセス 国道17号線を本庄より熊谷方面走行。「ボートピア岡部」を過ぎて右方面「深谷市街」方面へ。左手の「ラーメンあじ平」裏。「ファミリーブック大沼店」隣。

« ラーメン二郎 三田本店 2@東京都港区 | トップページ | らーめん 住吉@埼玉県小川町 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59642706

この記事へのトラックバック一覧です: らぁめん 赤星 9@埼玉県深谷市:

« ラーメン二郎 三田本店 2@東京都港区 | トップページ | らーめん 住吉@埼玉県小川町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ