« らーめん一平 喜多方本店 4@福島県喜多方市 | トップページ | らあめん 寸八@長野県千曲市 »

2014年5月23日 (金)

ひさじ屋@福島県喜多方市

メインストリートからちょっと入った、古い町並みの一角に佇む。

Dsc05315

10時開店。喜多方の多くの店はこのくらいに開店する。10時半頃到着した。

Dsc05294

テーブル数卓の小ぢんまりした店内。
しかし店員の姿が見えない。三回ほど居間に声を掛ける。
「いっらしゃい」と店主らしい年配の男性が登場。お冷が届く。

Dsc05292

Dsc05293
舌代。ラーメンほか炒めそば、定食やうどんも存在。餃子もある。
増税後のラーメン550円は安いではないか!ラーメンをお願いした。

Dsc05296

店主は白衣・着帽の料理人の正装。
派手さはない物の、着実なオペは安心できる。10分後着丼であった。

Dsc05299

ラーメン 550円

Dsc05300

コク深そうな濃い琥珀色のスープ。落ちついた感じのラーメン。結構油が浮く。

Dsc05301

色ほどしょっぱくはない。しかし色通りの醤油のうまみ濃厚。じっくりした味わい。
チャーシューの煮汁であろう動物感いっぱい。そして魚節のあまみが融合する。
なんとなく田舎っぽい、洗練されてない味だがそれがかえって喜多方らしい。

Dsc05302

中太縮れ、多加水の力強い喜多方麺は、こんな深みあるスープをしっかり受け止め絡める。
濃厚な醤油のコクと、中太麺の小麦の甘みが絶妙にマッチ。啜り心地最高。

Dsc05305

じっくり煮られてクタめのチャーシュー。モモ辺りであろう。繊維に沿ってさっくり裂ける。
白いスジの部分がトロトロ。大きめの物が2枚載る。

Dsc05306

細く刻まれたメンマ。麺と一緒に頂くとシャキシャキとモチモチが楽しめる。

Dsc05308

深い醤油のコクに薬味の刻みネギがさわやか。メリハリある組み合わせ。完食・完飲。

喜多方は観光客が多く訪れ、それ相手の目を惹くような華やかなラーメンも多いが・・・
それらを地元の人が食べているか?と言えば疑問だ。
やはり喜多方に行ったら喜多方の人が食べてるラーメンを味わいたい。
こちらの看板に「出前迅速」とあった。地元民に愛されるラーメンであろう。

派手さはないが、いぶし銀のようなラーメン。大いにお勧めである。

Dsc05288_2

Dsc05309

駐車場は、店の手前と向かいに二ヶ所。

Dsc05291_2
ひさじ屋

福島県喜多方市字水上6816-6(地図)

TEL 0241-22-7639

営業時間 10:00~19:00

定休日 不定休

席数 テーブル5卓

喫煙 可

交通アクセス 国道121号を会津若松から米沢方面へ走行。国道459号と交差する信号を左折。突き当たりの信号を右折。約200m先に・・・

Dsc05310_2

こんな看板が右に見えます。この路地を右折(狭いので気をつけてください)・・・

Dsc05314

約50m先の左手です(^^)

« らーめん一平 喜多方本店 4@福島県喜多方市 | トップページ | らあめん 寸八@長野県千曲市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59665095

この記事へのトラックバック一覧です: ひさじ屋@福島県喜多方市:

« らーめん一平 喜多方本店 4@福島県喜多方市 | トップページ | らあめん 寸八@長野県千曲市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ