« ラーメンショップ大潟店 2@新潟県上越市 | トップページ | あじ庵食堂 5@福島県喜多方市 »

2014年5月 6日 (火)

らー麺 羽屋@新潟県南魚沼市

「日本一うまいコシヒカリ」の産地に佇む。

Dsc05875

以前はらー麺 てつやの名で営業。つけめんなど出すニューウェーブ。
二郎インスパイアメニューがあるらしい。ちょっと時間を読み違え、到着したのは14時半頃。
人気店ゆえ、材料切れによる早じまいが予想されたが・・・なんとか間に合った。

Dsc05881

Dsc05877

食券制。まずは食券購入。しかし・・・目当てのメニュー名がない。傍らをみると・・・

Dsc05878

まず「つけめん」の食券を押し、次に「限定」のボタンを押す。無事発券された。

Dsc05880

「いらっしゃいませ」
若い男女の店員に迎えられた。時間外れのこの時間でも4人ほどの先客。
魚沼美人(ホントだぞ!)からお冷が届き、食券を渡す。
二郎トッピングを聞くと・・・ヤサイ増し、アブラ増しが可能らしい。
ニンニクの事を聞くと「載ってます」との事。気になる人は抜いてもらおう。
「アブラ」のみお願い。男性店員の軽快な手捌き。8分程で着丼であった。

Dsc05884

てつ二郎(アブラ) 850円

Dsc05886

なかなか盛り上がるヤサイ。おおきな豚が目を惹く。
しかし丼は下が急にすぼまるタイプで、見た目ほど手ごわくない。

Dsc05885

スープは透明感ある琥珀色。そこにフワフワのアブラが浮く。

Dsc05887

ちょっと熱めのスープ。生醤油っぽさが残るスープ。続いてカツオ?の風味と甘みが追いかける。
そばつゆのようなしっかりした冴えと輪郭がある。アブラがマイルドさを演出。

Dsc05890

麺は加水高めの中太麺。
表面滑らかで啜り心地よし。噛むとモッチリな腰があり歯を受け止める。
スープが重くないので軽快に掻っ込める。

Dsc05889

豚は直径10cm、厚さなんと2cm近いステーキのような豚。裏にも角煮がゴロリ。
ロースは繊維通りにさっくりと裂ける。炙ってあるのか?香ばしい風味。甘いカエシが美味。
ヤサイはモヤシ/キャベツ比1:9くらい。臭みなくシャキッとした茹で具合。

Dsc05888

ニンニクがマイルドに効く。魚介に振っているので味を壊すか?と心配したが・・・
アブラと、出来のいいカエシによりマッチしていた。

Dsc05892

麺量220g、ヤサイも400gとボリュームもありおなか一杯。ごちそうさま。

こちら新潟の名店土佐屋 出身。
土佐屋は土佐っ子の流れを引くらしいが、燕三条系のニュアンスも取り入れていると思う。
また、こちらもそれを継承している風に思う。

新潟ラーメンと二郎の合体。大いにお勧めである。

Dsc00250_2

ちなみにこの日は柏崎から上越・名立に移動。こんなん釣れました(^^)

Dsc05894

Dsc05895

らー麺 羽屋

新潟県南魚沼市六日町2344-1(地図)

TEL 025-770-0809

営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00

定休日 月曜日

席数 カウンター4席 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道17号を群馬から新潟・長岡方面に向かって走行。「地域振興局前」信号の二つ先の歩道橋のある信号左折。一つ目の信号左折。約50m先左手。

« ラーメンショップ大潟店 2@新潟県上越市 | トップページ | あじ庵食堂 5@福島県喜多方市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59577466

この記事へのトラックバック一覧です: らー麺 羽屋@新潟県南魚沼市:

« ラーメンショップ大潟店 2@新潟県上越市 | トップページ | あじ庵食堂 5@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ