« うまいもん工房 けん軒@長野県長野市 | トップページ | 山本食堂@新潟県妙高市 »

2014年5月30日 (金)

杉村屋@新潟県妙高市

北国街道からちょっと入った狭い路地裏に佇む。煙突がいい味。

Dsc05463
昭和30年代と思われる建物。12時頃到着した。

Dsc05446_2
狭い店内には5人ほどの先客。
後客も入ってきていきなり「大盛り」と注文するからこちらも常連だろう。
かっ散らかった店内も常連なら気にしない?相席あたりまえ。テーブルに着席した。

Dsc05444
メニュー。
「サマー中華」なんておしゃれなメニューもあった。冷しラーメンだそうだ。
価格は世間並みだがチャーシューメンが+100円でお得そうに見えた。
お冷を持ってきた、店主と思われる年配の男性にチャーシューメンをお願いした。
店員は男性一人の模様で一人でこなす。自家製麺らしく奥に麺打ち場が見えた。
7分後、後客と同じロットでラーメン登場であった。

Dsc05452
チャーシューメン(並) 650円

Dsc05455
油の浮かない、醤油色浅めの淡い感じのスープである。レンゲは付かない。
ほのかなガラ感。色通り醤油は感じず、どちらかと言うと塩うどんの汁と言った味わい。

Dsc05457
麺は細め。手打ちなので不揃いでさらに細いのまで混ざる。粉っぽい風味が新鮮。
かん水は少なめ。茹で具合はかなり柔めに感じた。

Dsc05458
チャーシューは肩辺りの赤身多い部分。塩漬け・・・かな?みしっと硬め。
ダシを取られてうまみは抜けているが、噛み締めると塩気が滲み出す。

Dsc05459
メンマも全体のバランスを崩さない浅めの味わい。

Dsc05461
わずかに物足りない控えめな味わいは欲求を掻き立てる。完食・完飲であった。
お勘定時・・・うおっ!妙齢の越後美人(ホントだぞ)が・・・まさに掃き溜めに鶴・・・

古い町で、時々こんな素朴なラーメンに出くわすとうれしくなる。
この素朴感は、今のラーメン屋がどんなにがんばっても出せない味であろう。

ネットでは「お化け屋敷」「汚なシュラン登録」とヒドイ事を書かれているが・・・
しかし自分はラーメン二郎三田本店の10倍はキレイだと思う。フォローになってないって?

地元の常連のために細々と何十年の味。大いにお勧めである。

Dsc05437
駐車場は裏に4台ほど。

Dsc05440
Dsc05464
杉村屋

新潟県妙高市白山町1-2-4(地図)

TEL 0255-72-2177

営業時間 11:00~21:00頃

定休日 水曜日

席数 テーブル3卓 小上がり1卓

喫煙 可

交通アクセス 国道18号を長野から上越方面へ走行。「梨木」信号右折。橋をわたり2つ目の「下町」信号を右折。1つ目の信号先の・・・

Dsc05468
「はやし屋」という和菓子屋の先の路地を右折。約100m先に・・・

Dsc05471
こんな感じに看板が見えます(道が狭いので気をつけてください)。

« うまいもん工房 けん軒@長野県長野市 | トップページ | 山本食堂@新潟県妙高市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。越後国久比岐地方に住むおやじろーと申します。
毎日楽しみに拝見させていただいています。

でもってようこそ杉村屋へ。
ほかにもこの界隈には,北京・あけぼの・天龍・ポニー・すずらん・かめちゃん・葵・その他,何十年選手のラーメンを食わせる田舎の食堂が多々点在しています。
地味ーーーなお店ばかりですが機会がありましたらぜひお立ち寄りください。

>>おやじろーさん

いらっしゃい。
こちらはラー本に載っていたのですが、付近を散策いたし、いいお店をたくさん見つけました。
こちらの後、駅近くの「山本食堂」と言うところで頂きました。
ブログ拝見致しました。二郎がお好きとの事。どこかの二郎でお会いするかも知れません(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59715153

この記事へのトラックバック一覧です: 杉村屋@新潟県妙高市:

« うまいもん工房 けん軒@長野県長野市 | トップページ | 山本食堂@新潟県妙高市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ