« らーめん おゆう 2@東京都八王子市 | トップページ | 五十夢@福島県只見町 »

2014年6月18日 (水)

坂内食堂 2@福島県喜多方市

言わずと知れた、喜多方ラーメンの顔的存在。

Dsc05752
開店は朝7時。開店待ちの第一波が食べ終わって出て行った頃の7時40分頃到着した。

Dsc05756
行列はないものの、中はお客さんいっぱい。

Dsc05760
「いらっしゃいませ。こちらでご注文どうぞ」
若い男性店員に促された。こちら前金制。カウンターのレジまで行く。

Dsc05758
メニュー。この4品がメイン商品。
最近、会社から「ボーナス」というものが出たので豪勢に行く。
肉そばをお願いした。カウンターに誘われた。

Dsc05765
オペを拝見。
黒シャツの若い男性が6人。1ロット9杯。各人麺茹で、スープ投入など分担制。
まず食堂のソースの容器みたいなのでタレをチュ~ッ。大きな寸胴から透明なスープ投入。
麺を投入すると、奥から店主・坂内章一氏がチャーシューを盛ったボウルを持って登場。
みんなでよってたかってトッピング。チャーシューは一枚一枚丁寧に載せられる。
2ロット後、自分のラーメンが届けられた。

Dsc05766
肉そば 950円

Dsc05768
よその喜多方ラーメンと違い、かなり淡い感じのラーメン。

Dsc05770
スープ温度は高め。油玉が適度に載る。
醤油感なく色付け程度でほとんど塩ラーメンと言っていい。
ほんのりガラ感。野菜感漂うあっさりタイプ。塩がキリリと聞きほんのり生姜が香る。
佐野ラーメン風なスープ。佐野ラーメン出身という噂もあるが果たして?

Dsc05773
麺は地元の製麺所製。中太の角断面の縮れ麺。
高加水でモチモチプルプル。キレのいいスープを引っ掛けて元気よく口の中に飛び込む。
この躍動感がいい。

Dsc05774
チャーシューは3cm角のバラ。シコシコ弾力あり。縁にほんのりタレがしみ込む。
噛みしめると最後の肉汁と油が染み出す。これが10枚載る。

Dsc05776
メンマも、全体のバランスを考え浅めの味付け。却って竹のうまみが際立つ。

Dsc05777
食っても食っても肉が出てくる感じ。麺と肉を一緒に挟んで食う。
嫌味のない塩味でサバサバいける。完食・完飲。ごちそうさまでした。

爽快感いっぱいのしょっぱめのスープが、半分眠った胃にしみ込む。
朝から頂くにふさわしいラーメン。「喜多方行ったら、まずは坂内」大いにお勧めである。

Dsc05754
Dsc05753
坂内食堂

福島県喜多方市細田7230(地図)

TEL 0241-22-0351

営業時間 7:00~18:00

定休日 木曜日

席数 カウンター6席 テーブル6卓 小上がり5卓

喫煙 不可

駐車場 あり(7台)

交通アクセス JR喜多方駅を背に二つ目(駅前の信号含まず)の信号を右折。その先一つ目の信号を過ぎて約200m先の路地を左折、約100m先左手(道が狭いので気をつけて下さい)。

« らーめん おゆう 2@東京都八王子市 | トップページ | 五十夢@福島県只見町 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

しかし、フットワーク軽いですね。
ラーメンも美味そうですね。ヽ(´▽`)/

>>四郎君さん

毎度
こちらのラーメンは、喜多方を代表する割には、よそのラーメンに似ていません。
また、多くある支店とも違います。不思議・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59816425

この記事へのトラックバック一覧です: 坂内食堂 2@福島県喜多方市:

« らーめん おゆう 2@東京都八王子市 | トップページ | 五十夢@福島県只見町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ