« 食事処 かじばし@岐阜県高山市 | トップページ | くぬぎそば@岐阜県高山市 »

2014年7月21日 (月)

麺屋 力@岐阜県高山市

「古い町並」に佇む。

Dsc06127
2014年4月開店。古い建物を用いたと思われるクラシックな外観。

Dsc06132
入店は11時頃。観光客もいっぱいだがまだお昼には早く先客はアベック一組。
若い声で「いらっしゃいませ」と迎えられた。燻したような黒基調の店内。
カウンターに着席。適度な暗さはほっと一息つける。

Dsc06136
Dsc06137
メニュー
こちら、土地の名物「飛騨牛」の牛骨を使ったラーメンとの事。
暑い季節に向けての冷やしメニューやつけ麺もある。
貧しくて飛騨牛の肉は食えないが骨ならなんとかいけそうだ。そちらをお願いした。

Dsc06139_2
スタッフは若い男性と若い飛騨美人(ホントだぞ!)。お店のブログは彼女の作とか?
落ち着いた、かなり丁寧なオペはかえって安心して見ていられる。10分程で着丼であった。

Dsc06140
中華そば 750円

Dsc06143
黄金色のスープ。上に香味油がキラキラ輝く。

Dsc06145
木製のレンゲが唇に優しい。
まったりとした舌触り。ふんわりとしたふくよかな香り。これが飛騨牛の牛骨スープか?
あまり牛骨ラーメンは頂いた事がないのでよくわからないがすっきり上品。
加えて魚介の甘みが奥から押し寄せる。スープに浮いた黒い粒々は煮干粉?
醤油は尖らず突き出さず、フォローに徹している。温度熱めもこの地方では味のうち。

Dsc06147
麺は飛騨高山ラーメン定番の細縮れ。白っぽいのはかん水が少ないのか?
加えて加水少なく小麦の風味が鼻腔に広がる。奥深い味わいのスープが絡む。

Dsc06148
チャーシューはバラ。ほんのりカエシが染みる。
赤身にはかなりうまみが残り、かみ締めるとうまみが滲み出す。これが2枚。

Dsc06149
シャックリな噛み応えのメンマ。幅広の部分だけを使っている。
作品のバランスを壊さないよう、あっさりした味付け。

Dsc06150
無化調ラーメンは、スープが冷めるごとにうまみが顔を覗かせる。
一匙、また一匙とじっくり味わう。完食・完飲。ごちそうさまでした。

飛騨高山ラーメンを今風にアレンジしたニューウェーブであろう。
しかし、土地の名産をしっかり取り入れている。
喜多方でも佐野でも、ご当地ラーメンを土台にしたニューウェーブのお店があるが、こちらも同様であろう。

古い町並で頂く新しいラーメン。大いにお勧めである。

Pict0007
Pict0005
路地をひとつ入れば、江戸時代にタイムスリップ・・・

Pict0015_2
Pict0014_2
Pict0013_2
麺屋 力

岐阜県高山市上三之町79-2(地図)

TEL 0557-36-5211

営業時間 10:00~17:00 金土10:00~17:00 18:00~21:30

定休日 水曜日

席数 カウンター7席 テーブル2卓

喫煙 不可

お店のブログ http://menyariki.hida-ch.com/

交通アクセス 国道158号を松本から高山方面へ走行。「松之木町西」信号を「古い町並」方向へ。市街地に入り「安川」信号左折。約100m先の、左に「かみいち大駐車場」のある路地を右折。一つ目の十字路を越えて約30m先右手。

« 食事処 かじばし@岐阜県高山市 | トップページ | くぬぎそば@岐阜県高山市 »

岐阜のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/59985300

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 力@岐阜県高山市:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/22 08:47) [ケノーベル エージェント]
高山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 食事処 かじばし@岐阜県高山市 | トップページ | くぬぎそば@岐阜県高山市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ