« ラーメンショップ 藤岡店@群馬県藤岡市 | トップページ | ラーメン 田@群馬県高崎市 »

2014年8月13日 (水)

豚男(BUTAMEN)@茨城県那珂市

国道349号沿いに佇む。

Dsc06414
豚男と書いてBUTAMENと読ませる。
くそ暑いお昼丁度頃到着した。店外5人の列にジョイント。

Dsc06417
後ろの人と二郎談義。その人も初訪店らしいが二郎もかなり食べているらしい。
15分ほど並んでようやく店内へ。メニューは潔く「小」のボタンのみ(冷し中華もあり)。
これしかないので必然的にこれになる。680円は安いと思う。

Dsc06418
客層はやはり若い・・・が、そこそこ年配者もいておっさんの自分も気にならない。
カウンターのほか、中央にテーブルもある。入店したといってもまだまだ着席ではない。
中待ちの椅子に座って待つ。

Dsc06420
待っていると、フロア係と思われる茨城美人が麺量やヤサイ量、トッピングを聞いて回る。
店員は厨房に男性一人、女性一人が見えた。
こちらは「普通」でもヤサイ量がかなり多い。先客のラーメンを見て「少なめ」で行く事にした。
並んでから約1時間、フロア係の女性に、カウンター席に誘われた。

Dsc06419
セルフのお冷とレンゲを持って着席。目の前に貼ってあるのはジロリアンなら承知。
食券を提示「麺普通・ヤサイ少な目・ニンニクアブラ」と申告。約10分後に着丼であった。

Dsc06425
小(麺普通・ヤサイ少な目・ニンニク・アブラ) 680円

Dsc06427
キャベツ率の高さやラードとの二重構造スープなど、二郎によく似ている。

Dsc06428
ヤサイ少な目でも、二郎のノーコール位ある。最近はインスパイアの方が山がいい。

Dsc06429_2
豚臭さがふっと香る微乳化のスープ。ちょっと醤油が尖る感じでインパクトあり。
あとは化調の甘みとニンニク香り結構中毒性あり。しかしそれほどヘビーではなく軽快。

Dsc06436
麺は幅広平打ち。結構な縮れ具合。
麺箱が見えたので自家製麺ではない模様。しかしそれゆえ「麺のプロ」作。
結構表面滑らか。縮れ形状で啜り心地よし。デロ麺ではなくモッチリ感あり。

Dsc06435
ヤサイはモヤシ/キャベツ比8:2位。タンメンライクな仕上がり。
キャベツの甘みがスープにマッチ。

Dsc06438
厚さ2cmはあろうかという巨大バラロール。
しっとりほろりと溶けるような柔らかさ。特に脂身がうまい。

Dsc06432
Dsc06433
ほかに欠片やほぐしが見えた。結構いろいろな部位が楽しめる。

Dsc06431
Dsc06434
ニンニクやアブラもよく二郎を踏襲している。

Dsc06439
麺とヤサイを挟んで一緒に頂くと食感が交差しおもしろい。
ブヒブヒ言いながら掻っ込んだ。最後はしょっぱく感じ、スープを残す。

茨城にも直系二郎は存在するが、ここからはかなり遠い。
そんな中、県北にあるこちらはありがたい存在だと思う。
後ろの人は福島から遠征。福島には直系もなく、インスパも少ないので重宝だろう。

直系より安くボリューミー。大いにお勧めである。

P1000500
そして・・・おみやげを買おうと日立港の鮮魚センターへ・・・
うおっ!もう一軒の二郎インスパの人気店がこんなところに・・・
近くの漁港では釣りもできそう。次回のターゲットが決まった。

Dsc06415
営業時間は昼のみ。

Dsc06416
ぶっこくに決まってっぺ!

Dsc06442
Dsc06441
豚男(BUTAMEN)

茨城県那珂市菅谷2370-1(地図)

TEL 未公開

営業時間 11:30~15:00

定休日 水曜日

席数 カウンター12席 テーブル2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道50号を前橋から水戸方面へ走行。「南町三丁目」信号を左折、国道349号方面へ北上。「菅谷東小前」信号角左のテナント。

« ラーメンショップ 藤岡店@群馬県藤岡市 | トップページ | ラーメン 田@群馬県高崎市 »

ラーメン二郎インスパイア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60104217

この記事へのトラックバック一覧です: 豚男(BUTAMEN)@茨城県那珂市:

« ラーメンショップ 藤岡店@群馬県藤岡市 | トップページ | ラーメン 田@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ