« ラーメン二郎 会津若松駅前店@福島県会津若松市 | トップページ | あじ庵食堂 6@福島県喜多方市 »

2014年8月25日 (月)

よし本食堂@群馬県沼田市

古きよき面影を残す、沼田市街に佇む。

Dsc06688
街の雰囲気に似合いな風情。前を通りかかると・・・

Dsc06710
うおっ、安い・・・店前のこの貼紙に呼ばれてしまった。午後二時ちょっと前頃訪店。

Dsc06695
昔ながらのパイプ椅子&テーブル。先客1名様。
店主らしい年配の男性、こちらに気づかない模様。厨房まで行ってとりあえずオーダーする。
引くと「ガガガガ」と音がするテーブルに着席。

Dsc06693
Dsc06694
メニュー
納豆とか卵焼きとかはむえっぐとか、何か朝ごはんみたいなメニューばかりだなぁ・・・と思ったら・・・
こちら朝7時半から営業。朝早くからやる理由でもあるのだろうか?
後客が頼んでいた「ラーメン定食」はラーメンにご飯、漬物、豆腐が付くらしい。
「上ラーメン」て何ですかね?自分がオーダーしたのは普通のラーメンである。

備え付けの漫画を読んで待つ事12分。お盆に載って着丼であった。

Dsc06696
ラーメン 480円

Dsc06698
なんと優しげでシンプルな、気負いない感じのラーメンであろうか?

Dsc06701
淡めの色どおり、醤油も主張せず、さりとてダシもそれほど主張なし。油も少なめ。
ガラや、他のメニューで出るであろう野菜片などでさっと取ったスープは甘み柔らか。
インパクト控えめな味わいな「もう一口」との欲求を掻き立てる。

Dsc06702
麺は、昔ながらの中華そばの定番であろう細縮れ。
加水低めでちょっとポキポキ。伸びる事を予測してであろう。
スープが弱いので、小麦の風味と甘みが際立つ。

Dsc06704
チャーシューは筋多く、うまみが出る赤身部分。煮込まれてホロッと崩れる。
あまりタレで煮られてる風ではなく、逆に調理過程でスープを吸い込んだのであろう。
噛むと吸い込んだスープと一緒に残ったうまみが滲む。

Dsc06705_2
ざっくりした感じの歯応えのメンマ。甘めの味付けだが竹のうまみもしっかり。

Dsc06706
こういうお店の、こういうラーメンでに似合いのなると。ベンツマークみたいなもの。

Dsc06708
ラーメンとともに、雰囲気をも頂いて満足する。完食・完飲。ごちそうさま。

正直、今のラーメンから見れば味はイマイチ。しかし今のラーメンにない「気軽さ」がある。
「ラーメンでも食いにいくんべ~」と言った気軽さ。この「でも」という言葉は大事だと思う。
気軽な食事としての一番のイメージがラーメンと言う事だ。

昨今のラーメンブームで、いささか値段も上がり、ラーメンにも気軽さがなくなったと思う。
そんなブームとは関係なく、昔ながらの気軽なラーメン。大いにお勧めである。

Dsc06691
当然朝ラーメン可能。ドライブ、スキーに重宝すると思う。

Dsc06692
Dsc06690
よし本食堂

群馬県沼田市材木町161(地図)

TEL 0278-22-2892

営業時間 7:30~19:30

定休日 木曜日

席数 テーブル5卓 小上がり3卓

喫煙 可

駐車場 未確認

交通アクセス 国道17号を渋川から新潟方面へ走行。「下川田町」信号を右折、一つ目の「戸鹿野町」信号を直進、日光方面へ。沼田市街に入り「天狗プラザ東」信号左折。一つ目の「材木町」信号越えて約10m先右手。

« ラーメン二郎 会津若松駅前店@福島県会津若松市 | トップページ | あじ庵食堂 6@福島県喜多方市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60172259

この記事へのトラックバック一覧です: よし本食堂@群馬県沼田市:

« ラーメン二郎 会津若松駅前店@福島県会津若松市 | トップページ | あじ庵食堂 6@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ