« らーめん 芝浜@群馬県桐生市 | トップページ | ラッキー食堂 まとや 千曲店@長野県千曲市 »

2014年8月 6日 (水)

お食事処 常@新潟県糸魚川市

日本海からそう遠くない、能生の街外れに佇む。

Dsc06010
「とき」と読む。
周り一帯はJAみどりの風が吹く明るい農村。
客は常連の村民と推測。村の会合で使われたりもするのであろう。開店時間の11時過ぎに到着。

Dsc06016
「いらっしゃい」
気のよさげな年配の越後美人のママさんに迎えられた。
小上がりのカウンター?にはすでに先客さんが・・・開店待ちだったようである。
入口近くのテーブルに着席した。

Dsc06012
Dsc06013
Dsc06019
メニュー
ラーメンやうどん。ご飯物、丼物、定食など食べるものに困らない。
「濃厚」があるのも時代か?
ラーメンとは別に「醤油ラーメン(こくのある醤油)」というのが見えた。お願いする。

厨房に年配の男性と若い男性が見えた。家族経営だろうか?10分程で着丼であった。

Dsc06023
醤油ラーメン 620円

Dsc06028
うおっ、真っ黒。確かにコクがありそうな深い琥珀色のスープ。
厚さ5mmほどのラードのコーティング。

Dsc06025
レンゲを差し入れると、ウルトラQのオープニング(古っ!) のように渦を巻く。
早速一啜り・・・あちちち!かなり高温の皮膜。気をつけられたし。
しかしその向こうから、濃厚なうまみのカエシのコクと甘みが伝わってくる。
ダシ感は大人しめ。豚の角煮の汁のような味わいである。

Dsc06030_2
麺は、この濃厚なスープに対して細めがセレクトされている。
弱いのではないか?いや、これがむしろスープのうまさを引き立てている。
若干柔めの麺に甘辛いスープと油が絡む。まったりマイルドな味わい。

Dsc06029
チャーシューはバラ。
脂が多い?しょっぱめなスープを適度にはじくのでメリハリ感あり。
赤身を噛むと残った豚の旨みがにじむ。

Dsc06032
メンマはあっさり味。舌休めであろう。これもスープを口に含んで噛み締めると美味。

Dsc06033
厚く、熱いラード層はスープの熱を保つ工夫と思われる。フーフー言いながら完食。
油を掬い去ったスープはそばうどんの汁の様であった。

こちらの近くにあるあさひ楼もこんな醤油のコク深く、ラード層厚いラーメンだった。地域性か?
糸魚川のアブラーメン。大いにお勧めである。

Dsc06011
Dsc06034
お食事処 常

新潟県糸魚川市桂469-3(地図)

TEL 025-566-5517

営業時間 11:00~13:30 17:00~未確認

定休日 水曜日

席数 カウンター3席 テーブル1卓 小上がり3卓

駐車場 あり

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道8号を新潟より富山方面走行。「能生」信号を左折、北陸自動車道をくぐって約500m右手。

« らーめん 芝浜@群馬県桐生市 | トップページ | ラッキー食堂 まとや 千曲店@長野県千曲市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
私も先日糸魚川市を訪れました。
「第二こだま食堂」でカツ丼を食べましたが
こちらのお店もとても良さそうですね。

つけ麺まで用意されているとは驚きです。
次回機会がありましたら訪問したいと思います。

現在記載のFC2に移転し、金沢で仕事をしています。
今後もよろしくお願いいたします。

>> まささん

いらっしゃい。
金沢とはこりゃまた遠くへ・・・
北陸といえば、いい醤油醸造元があり、かなりラーメンもおいしいのでは?
記事を楽しみにいたしております(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60063987

この記事へのトラックバック一覧です: お食事処 常@新潟県糸魚川市:

« らーめん 芝浜@群馬県桐生市 | トップページ | ラッキー食堂 まとや 千曲店@長野県千曲市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ