« 大高山@茨城県つくば市 | トップページ | 佐野らーめん 417@栃木県佐野市 »

2014年9月21日 (日)

ラーメン二郎 会津若松駅前店 3@福島県会津若松市

祝・開店(^0^)

Dsc06607
到着は朝6時ちょっと過ぎ。
知人に「守谷で9時半、仙台が9時で100人だった」と聞いていたから早すぎたかな?
待ち人は20人位でまばら。田舎の二郎はこんなもんかな~なんて油断していたら・・・
「本日の100食分は売り切れました。多少余分はあると思いますが保証出来ません」
とスタッフ。いきなり「死刑宣告」である・・・Orz
仕方なくダメ元で、後の池袋から来たジロリアン氏と二郎談義しながら奇跡を待つ。

Dsc06562
し・か・し・・・この前の白虎隊のお墓参りのご利益か?二郎の神のお導きか?
スタッフの「本日あと50食追加いたします」の声に、ジロリアン氏と顔を見合わせ万歳!
整理券を頂く。

Dsc06567
後は時間が来るまで暇つぶし。会津若松城でも行ってみる事にする。
総帥・山田拓美氏を中心に、手伝いに馳せ参じたスタッフ(各店店長)がミーティング?

Dsc06611
再び帰ってきたのが10時ちょっと過ぎ。何と!もう営業しているではないか!
聞けば8時半から開店したとの事。
「フライング」「抜け駆け」と言うなかれ。お客は朝早くから(あるいは徹夜して)待っていたのだ。
朝飯もまだの客に早く食べてもらおうという粋なはからいである。
整理券を貰ってどこかに行った人が多く、店前にいる番号が若い順から入れている。
10時頃でもう60番まで行ったとか?順番が来るのは早そうだ。
はたして10時40分ごろ「どうぞ」と声が掛かった。入店、食券購入。650円は安いと思う。

Dsc06612
多くの先輩、あるいは行きつけの常連が見守る中でのオペは真剣そのもの。
セルフの水とレンゲを持って、食べ終わって退席する客と入れ替わるように着席した。
オペは6杯1ロット。手際よく10分後に「ニンニク入れますか?」と手を差し伸べられる。
「ニンニクアブラでお願いします」と決まり文句。次の瞬間着丼であった。

Dsc06620
小ラーメン(ニンニク・アブラ) 650円

Dsc06621
ノーコールではこんな感じの山を築く。チョイマシでも良かったかな?

Dsc06622
出身は野猿、小金井と聞いた。自分の好きな乳化スープ。

Dsc06623
と、思ったら・・・結構カエシが尖る感じ。カエシ7、ダシ3くらいに感じた。
スープは煮詰まった感じでコクあり、かなり甘辛しょっぱい。

Dsc06628
麺はおなじみ極太の二郎麺。
製麺所製とのうわさもあるが未確認。しかし硬茹でうどんライク。
粉っぽい風味と甘み一杯。甘辛スープとのコントラストがくっきり鮮明。

Dsc06627
インスパイアと違って、キャベツ率が高いのが本家二郎。
シャッキリモヤシにしんなりキャベツが甘い。モヤシ/キャベツ比は7.5:2.5くらいか?

Dsc06626
大振りな豚は腕辺りか?適度にカエシが染みこみ、筋がフワトロに融ける。
これが二塊り載る。若干冷たいのでスープに沈めて置くといい。

Dsc06624
アブラは大きな塊りが載る。しょっぱめのスープと一緒に頂くと美味。

Dsc06625
二郎ニンニクはちょっと少なめかな?
これから寒くなるみちのく。風邪予防にお勧め。

Dsc06630
ゆっくり食べてもいいのだが、二郎に来ると周りがみな敵に見えてしまう。
スープを少し残して、後続に席を譲ってごちそう様。

最初にスープがしょっぱいと書いたが、二郎を個々のパーツで評価するのはナンセンス。
あの極太麺と茹でヤサイだから、それに負けない味付けのスープが必然。
個性と個性のぶつかり合いのようなラーメン。しかしトータルでバランス。それが二郎なのだ。

こちらのラーメンを食べて、初めて三田本店で二郎を食べたときの衝撃がよみがえった。
山田氏の教えを頑なに守っているのだろう。

生真面目な会津人が作る二郎。大いにお勧めである。

Dsc06631
店に飾られた会津士魂の基本「什の掟」
会津武士は子供の頃から「ならぬことはならぬものです」と教えられた。
これに追加して・・・

八 マシたら残してはなりませぬ

九 ロットを乱してはなりませぬ

十 行列に割り込みしてはなりませぬ

を加えるべきであろう。

白虎隊が二郎食べていたら、会津戦争の結果は違った物になっていたかもしれない。

Dsc06609
客と気さくに写真撮影に応じる山田氏。
店と店、店と客、客と客がこれほど連帯感を持ったラーメン屋はないと思う。
ゆえに「くそまずい」「豚の餌」と揶揄されてもどこ吹く風。ファンは増える一方である。

Dsc06558
Dsc06554_2
Dsc06555

ラーメン二郎 会津若松駅前店

福島県会津若松市駅前町6-31(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00 土日祝 11:00~18:00   

定休日 月曜日 第3日曜日 祝日(不定休)

席数 カウンター14席 小上がり2卓

喫煙 不可

レンゲ あり

駐車場 なし(近くにコインパーキングあり)

メルマガ 00619786s@merumo.ne.jp

交通アクセス 国道121号を日光から喜多方方面に走行。若松市街に入り「会津若松駅」方面に左折。駅前の信号を左折、一つ目の路地を左折。右手二軒目。

« 大高山@茨城県つくば市 | トップページ | 佐野らーめん 417@栃木県佐野市 »

ラーメン二郎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。会津二郎開店日に行かれたのですね。
自分は55番で9時半頃でした。すれ違っていたかもしれませんね。
開店日はショッパウマーでガツン度もイイ感じでしたが最近はスープもブタもショッパさが影をひそめずいぶんと食べやすくなりました。
まだまだこの先楽しみな会津二郎ですので長い目で見守っていきたいですね。

>> merさん

いらっしゃい。
開店日に来られてたんですか?さすがです。
「会津で二郎が理解されるのか?」との心配も何のその。
先々週の山形ラーの帰りに様子を見ましたら、閉店ちょっと前の時間でも外待ち三名。
最初は「なんだよっ!このラーメンはよっ!」と言われるのは折込み済。
でも数日経つと無性に食いたくなる麻薬のようなラーメンですね(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60352771

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 会津若松駅前店 3@福島県会津若松市:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/22 08:43) [ケノーベル エージェント]
会津若松市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 大高山@茨城県つくば市 | トップページ | 佐野らーめん 417@栃木県佐野市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ