« 宮川中華そば@岐阜県高山市 | トップページ | アスナロ 2@長野県木曽町 »

2014年9月 8日 (月)

豆天狗 本店@岐阜県高山市

高山中心街に佇む。

Dsc06884_3
飛騨高山ラーメンを代表するお店は小ぢんまり。11時ちょっと過ぎに到着。

Dsc06869
「いらしゃいませ」
老舗と聞いていたが、それに合わない若い男性一人と、二人の飛騨美人に迎えられた。
老舗に合った渋い昔ながらの店内は落ち着ける。カウンターに着席。先客は二組5人。

Dsc06867
メニュー
中華そば。それに時代の流れか?つけ麺の二本立て。餃子もある。高くない。
観光地価格?わずかに高めの設定。中華そば(並)をお願いした。

Dsc06866
ちょっとおしゃべりが気になったが提供は早い。
まず麺を茹で、丼にネギ投入。寸胴からスープ(ダシとカエシ調合済み)を投入。
茹で上がった麺を投入して微調整・・・トッピングを施し、そして着丼。
その間なんと3分掛からない。カップラーメンより早い!

Dsc06872
中華そば(並) 700円

Dsc06874
わずかに濁ったスープに縮れ麺が泳ぐ。高山ラーメン定番の姿。

Dsc06875
そこそこ油が浮き、決してあっさりではないラーメン。
煮詰まった感じの、ちょっと強めの醤油の主張。それをガラや魚節がサポートする力強さ。

Dsc06876
麺は高山ラーメン定番の細縮れ。自家製麺との事。
加水少な目で小麦の風味と甘みいっぱい。しょっぱめなスープといい取り合わせ。
啜ると「ぞぞぞぞ」といい音がする。

Dsc06879
チャーシューはバラ。あまり味が着かない物。
噛むとシコシコ弾力あり。脂の旨みと赤身の旨みがスープと重なる。

Dsc06880
メンマは浅めな味付け。舌休めタイプ。

Dsc06881
麺量は140g位だろうか?食べ心地よさも手伝って、あっという間に完食・完飲。

「飛騨高山ラーメン」は定義はあるものの、その技法は店によっていろいろの様だ。
自分も、もっともっと食べ歩いてみる必要性を感じた。

しかしこちら、高山ラーメンの基本を踏襲しているであろう。大いにお勧めである。

Dsc06890
近くの高山陣屋前にあった飛騨牛の串焼き。
一串300円。ステーキは食えないがこれなら食えると注文。

Dsc06892
店員の飛騨美人が一本づつ焼いてくれる。赤身からは飛騨牛の肉汁がにじみ出る。

Dsc06868_2
創業昭和24年。古きよき伝統を今に伝える。

Dsc06861
Dsc06862
豆天狗 本店

岐阜県高山市八軒町2-62(地図)

TEL 0577-33-5711

営業時間 11:00~19:00

定休日 火曜日

席数 カウンター9席 テーブル3卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道158号を松本から高山方面へ走行。市街に入り「東国分寺」信号を左折。「日赤北」信号左折。約50m先の一つ目の路地角左手。

« 宮川中華そば@岐阜県高山市 | トップページ | アスナロ 2@長野県木曽町 »

岐阜のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60238817

この記事へのトラックバック一覧です: 豆天狗 本店@岐阜県高山市:

« 宮川中華そば@岐阜県高山市 | トップページ | アスナロ 2@長野県木曽町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ