« 吉野屋@山形県山形市 | トップページ | 二代目 白神@岐阜県関市 »

2014年10月15日 (水)

いさご食堂@山形県山形市

羽州街道からちょっと入った、鄙びた街並みに佇む。

Dsc06255
山形ラーメン四天王として、吉野屋大沼食堂八幡屋と並び称される店は何とそば屋!
午後1時頃の到着であった。

Dsc06259
「いらっしゃいませ」
妙齢の山形美人(ホントだぞ!)に迎えられた。和風を大切にした、いかにもそば屋の雰囲気。
先客は家族連れ二組、お一人様の合計9名様。テーブルに着席した。

Dsc06258
Dsc06260
Dsc06264
メニュー
卓上のメニューのほかに、壁にもいろいろ書かれている。
山形名物「鳥中華」や冷しラーメン。またとんこつラーメンや手打中華などの文字もある。
もちろん本業?のそばうどんやご飯物もあり。基本であろう中華そばをお願いする。
厨房は男性二人、女性二人の家族経営か?10分程で着丼であった。

Dsc06265
中華そば 550円

Dsc06269
浅めの醤油色のスープは、他の四天王と共通の模様。いや、山形ラーメン共通か?
油が適度に浮く。

Dsc06270
熱めのスープはほんのり魚介や昆布など香る和風。
醤油は色づけ程度で主張せず、ダシで食わせる感じでアシストに徹する。
最近のラーメンのように強烈なインパクトはなく、やや物足りない感じが却って次の一口を求める。
今一杯、啜り込む。

Dsc06273
麺は中細の縮れ麺。加水は若干高めでモッチリシコシコな噛み応え。
啜り込むと縮れがスープを引っ掛けて「ぞぞぞぞ」という良い音とともに口の中に飛び込む。

Dsc06274
チャーシューは茹で豚。赤身と脂身のバランスがよさそう。
わずかに、ほんのわずかにカエシの甘み。じっくり味わいたくなる上品さ。
脂身は弾力あり柔らかい。

Dsc06276
そろった幅のメンマ。しゃっきりな歯応えで柔らか。ほんのり甘め。

Dsc06272
「たくあんは二切れ、勝負は三切れ(見切れ)」
こんなのが着くのもそば屋ならではであろう。

Dsc06279
優しいスープは最後まで堪能できる。完飲。ごちそうさまでした。

山形ラーメンは、一見何の変哲もないように見えて、そのダシ感がすばらしい。
そのしっかりした味わいが、ラーメン好きの心を打つのであろう。毎日でも食べたくなる味。
山形県民は、年間にラーメンに使うお金が日本一と聞くが、このラーメンなら納得!

山形ラーメン四天王恐るべし!大いにお勧めである。

Dsc06257
Dsc06256
いさご食堂

山形県山形市泉町6-3(地図)

TEL 023-632-1040

営業時間 11:00~20:00

定休日 不定休

席数 テーブル4卓 小上がり2卓

喫煙 可 

駐車場 あり

交通アクセス 県道22号を山形市役所方面から北上。馬見ヶ崎川に掛かる「千歳橋」を渡ってすぐの信号を左折。ぐるっと左に回りこんでT字路っぽい所を左へ。約200m先左手。

« 吉野屋@山形県山形市 | トップページ | 二代目 白神@岐阜県関市 »

山形のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60433823

この記事へのトラックバック一覧です: いさご食堂@山形県山形市:

« 吉野屋@山形県山形市 | トップページ | 二代目 白神@岐阜県関市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ