« 中華料理 丸鶴@埼玉県川越市 | トップページ | 一番@群馬県下仁田町 »

2014年10月24日 (金)

ひかり飯店@埼玉県川越市

小江戸・川越の中心に佇む。

Dsc00073
昔、商店街のアーケードによくあったタイプの中華屋。何ともいい雰囲気。
レトロ大好き。2時頃だった。店前の案内にあった駐車場に車をすべり込ませる。

Dsc00081
「いらっしゃい」
年配の気のよさげな男性と、川越美人の奥さん迎えられた。先客1名。
中華料理屋にありがちな赤基調の調度品が並ぶ店内。革表紙のメニュー。
若干薄暗い感じが高級感を演出。

Dsc00077
Dsc00078
Dsc00080
なかなか本格中華。お値段もさぞや!と思いきや・・・なかなかリーズナブル。
デフォのラーメン450円。チャーシューメン650。餃子も330円と一昔前の値段である。
ちょっと寒かった当日、味噌ラーメンかタンメンをフーフー言いながら食べたい。
丁度「ピリ辛みそラーメン」なるメニューが目についた。
店主に聞くと、辛めも可能との事。件のメニューを「辛め」でお願いした。

Dsc00084
他にもお得そうなメニューが並ぶ。
中華鍋をお玉でかき回す音。油がはじける音。今のラーメン屋から消えてしまった音がする。
15分くらいで着丼であった。

Dsc00088
ピリ辛みそラーメン(辛め) 600円

Dsc00090
もうもうと上がる湯気。赤い表面にもやしやニラの白や緑の配色が映える。

Dsc00092
ダシと油の熱反応でわずかに乳化。赤い唐辛子が点々と浮く。
スープ自体はシャバめでなかなかダシ感あり。具材の甘みも良く出ている。
味噌は支配的でなく色付け程度で軽快。食堂の味噌ラーメンとはやはり違う感じ。
「辛め」でもそれほどではなく、決して辛さ自慢ではない。自分とすれば「辛め」推奨。

Dsc00096
麺は中細の加水少な目の縮れ麺。
うまみあるスープがしみこんだりまとわり付いたりで一体感あり。
しかし注意!勢いよく啜り込むと、唐辛子粉がのどの奥に飛んできてむせる。
しかし勢いよく啜り込みたい麺だ。

Dsc00093
具はニラ、キャベツ、モヤシ、ニンジン。そしてひき肉。野菜は若干しんなり。
自身はうまみを出し、そしてダシのうまみを吸い込んで一体感をもたらす。

Dsc00100
程よい辛さ&熱いスープで額に汗。完食・完飲。ごちそうさまでした。

熱い&辛いラーメンで血行促進。肩こりがなくなったように感じた。
体調を崩しやすい季節。しかし体を温めることが、免疫力を高める秘訣だという。

晩秋の小江戸で頂く熱い昭和のラーメン。大いにお勧めである。

Dsc00074
今では見なくなった料理のサンプルが、街行く人の足を止める。

Dsc00072
駐車場は、道を隔てた斜向い。

Dsc00075
Dsc00101
ひかり飯店

埼玉県川越市連雀町27-1(地図)

TEL 049-222-1491

営業時間 11:30~21:00

定休日 日曜日(祝日は営業)

席数 テーブル5卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道254号「小仙波」信号を市街、喜田院方面へ。「連雀町」信号越えて約150m先右手。

« 中華料理 丸鶴@埼玉県川越市 | トップページ | 一番@群馬県下仁田町 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60489728

この記事へのトラックバック一覧です: ひかり飯店@埼玉県川越市:

« 中華料理 丸鶴@埼玉県川越市 | トップページ | 一番@群馬県下仁田町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ