« 華吉@群馬県高崎市 | トップページ | 中華食堂 味平@茨城県東海村 »

2014年11月24日 (月)

ラーメンショップ 足利50号店@栃木県足利市

国道50号沿いに佇む。

Dsc06615
2014年4月開店。朝6時からの営業は朝ラー可。
6時半頃到着。大きな駐車場にはすでに数台の車。店内には数人の先客が見えた。

Dsc06593
「いらっしゃいませ」
ハンサムな若い男性と、妙齢の足利美人に迎えられた。
こちら食券制。こちらの記事で読んだ「塩ラーメン」のボタンをポチる。
今時590円は安いと思う。

Dsc06594
以前は佐野ラーメンの店だったが、改装があったと見えて店内は美しい。
カウンターに食券を置きしな「味薄め・脂多め」と付け加える。

Dsc06600
オペは自分のときは3杯が1ロット。中央の丼には特に念入りに背脂を振る。
きちんと麺を均すなど丁寧。かつトッピングがいろいろ載る模様。
レンゲと、コーンのための穴あきレンゲを重ねて・・・8分ほどで着丼であった。

Dsc06601
塩ラーメン(味薄め・脂多め) 590円

Dsc06603
コラーゲンの幕の張り方に驚く。しっかりダシを取ってる証拠であろう。

Dsc06604
味薄めにしたおかげでダシ感が存分に味わえる。
軽やかな塩加減に本だし?による魚介の甘みもあり。そこに豚の旨みが融合。
ご覧の通りのコラーゲン過多&背脂でクリーミー。白ゴマが香ばしい。
「味は大丈夫ですか?薄かったらたしますから」と店員。

Dsc06606
麺は店内に貼紙してある「生きている麺」だそう。
細めの、わずかにウェーブする「ラーショ麺」はデフォでは柔めの茹で具合。
自分はこれを「トイレに不自由するトラック運ちゃんに消化不良を起こさせないため」と解する。
しかし、やはり後客は「硬め」指定が多かった。
脂とコラーゲンにまみれ、その旨みが小麦の旨みと融合する。

Dsc06608
チャーシューは巻きバラが一枚。
赤身に甘めのカエシがしみ込む。ちょっとパサ。スープと一緒に頂くとジューシー。

Dsc06607
メンマは穂先の柔らかめな部分を使う、ラーショでは珍しい物。甘めの味付け。

Dsc06609
ほうれん草や刻みネギが青みを添える。野菜不足を補う。

Dsc06610
彩りを添えるコーン。舌休めになる。穴あきレンゲで悔しい思いをしなくて済む。

Dsc06611
大きな海苔が二枚。海苔巻き麺が二回出来た。

Dsc06605
「大丈夫ですよね」と・・・頼まなかったが差し出されたサービスライス。
朝6時から10時まではサービスライスが付く。
「連食だから」と辞退せず、志しをありがたく頂く。残ったスープを味噌汁代わりに掻っ込む。

Dsc06612
脂多め&具沢山&サービスライスで、朝からかなりヘビー。ごちそうさまでした。

こちら、ラーショ尾島店出身。店主にその事を確かめると・・・
「お詳しいですね。でも尾島に塩はありませんでしたね」と・・・

ラーショの中でも評価の高い尾島。そのクォリティあふれる塩ラーメン。大いにお勧めである。

Dsc06599
尾島名物「材木たくあん」はこちらにも・・・

Dsc06613
Dsc06614
Dsc06616
ラーメンショップ 足利50号店

栃木県足利市久保田町154-1(地図)

TEL 未確認

営業時間 6:00~18:00

定休日 日曜日

席数 カウンター15席 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(大型OK)

交通アクセス 国道50号を栃木から桐生方面へ走行、県道8号と立体交差する「瑞穂野町」信号先約800m先左手(中央分離帯があるので群馬県側からは一旦通りすぎてUターンの必要があります)。

« 華吉@群馬県高崎市 | トップページ | 中華食堂 味平@茨城県東海村 »

ラーメンショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60624656

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンショップ 足利50号店@栃木県足利市:

« 華吉@群馬県高崎市 | トップページ | 中華食堂 味平@茨城県東海村 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ