« ラーメン・ノア@福島県いわき市 | トップページ | ラーメン うめ八@福島県喜多方市 »

2014年11月10日 (月)

大盛屋@茨城県北茨城市

国道6号からちょっと入った、古い街並みに佇む。

Dsc00227
実は道を間違えて入ってしまった。
しかし、ふと見ると、実に感じよさげなお店がありノレンが出ていた。
そばうどん屋の様だが、店の前の立て看板には「ラーメン」と書かれている。
午後2時半頃。予備知識なし。しかしラーメンの神のお導きか?呼ばれてみることにした。

Dsc00207
歴史ありげな何ともいい雰囲気。テーブル数卓のこぢんまり。
しかし出迎えなし。きっと時間外れで油断しているんだろうな・・・
奥に向って「すいませ~ん」と声を掛けると「いらっしゃいませ」と妙齢の常陸美人登場。

Dsc00208
メニュー
うどん、そばに混じってラーメンが見える。他にカレーやかつ丼など。
「そばうどん屋のラーメンはうまい」は自分の持論。常陸美人にラーメンをお願いした。
奥では男性の声も聞こえる。夫婦経営と推測。秋の日差しの中、10分程で着丼であった。

Dsc00211
ラーメン 500円

Dsc00215
日本人がイメージする「ラーメン」その物の姿。しかし、最近少なくなったスタイル。
ちょっと感動した。

Dsc00217
スープは油もあまり浮かず穏やか。
柔らかな味わいは動物感少なめ、魚介や昆布など和風が漂う。わずかに甘めな味わい。

Dsc00220
麺は細めの、わずかにウェーブする玉子麺。ちょっと柔めは高齢者向けか?
啜って噛み切ると、ダシと小麦の旨みが融合。香りが鼻腔に膨らむ。
啜るときの「ぞぞぞぞ」という音が、いかにもラーメン食ってる実感。

Dsc00223
チャーシューはロース。
ダシガラだが、噛むと赤身からじんわり染み出す旨み。脂のプルプルが楽しめる。

Dsc00221
ちょっと甘み強い感じのメンマ。
しかし、この穏やかなラーメンではちょいとしたアクセントになった。

Dsc00224
青みを添えるほうれん草。やさしい甘みいっぱい。
そう言や、最近のラーメンにはほうれん草が入っていないな。
自分の祖母の店のラーメンには入っていた。懐かしい。

Dsc00225
彩りと共に、しょっぱい舌をリセットするナルト。うどんそばにも共通する。
ラーメンが中華「そば」である事を再認識。

Dsc00226_2
店の雰囲気、ラーメンの雰囲気をしみじみ頂く。ごちそうさまでした。

ちょっとした道間違い。しかしそのおかげで、こんな素敵なラーメンに出会えた。
ラー本片手にラーメン屋めぐりしていては絶対に出会えない味。
ラー本で見た店に向う道の途中、こんなお宝店がいくらでもあるのだ。

道間違えも捨てたもんじゃない。大いにお勧めである。

Dsc00201
Dsc00203
Dsc00202
大盛屋

茨城県北茨城市大津町1354(地図)

TEL 029-346-0240

営業時間 11:00頃~ノレンを仕舞うまで(通し営業)

定休日 未確認

席数 テーブル4卓

喫煙 可(灰皿が見えました)

駐車場 未確認

交通アクセス 国道4号を水戸からいわき市方面へ北上。「常北中下」信号右折。約700m先左手。「常陽銀行大津支店」前。

« ラーメン・ノア@福島県いわき市 | トップページ | ラーメン うめ八@福島県喜多方市 »

茨城のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

本当に若い年頃の女性がいるのか気になっているのですが、妙齢は正しい使い方をしていますか?

みょう‐れい【妙齢】
《「妙」は若い意》若い年ごろ。特に、女性の若い年ごろ。

>>いつも楽しみにしています さん

いらっしゃい

たとえそうではなくても、女性に対して「若い」と言うのは礼儀だと思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60563680

この記事へのトラックバック一覧です: 大盛屋@茨城県北茨城市:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/10 08:47) [ケノーベル エージェント]
北茨城市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« ラーメン・ノア@福島県いわき市 | トップページ | ラーメン うめ八@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ