« ラーメン うめ八@福島県喜多方市 | トップページ | 関さん@福島県会津若松市 »

2014年11月14日 (金)

かど屋@福島県喜多方市

JR喜多方駅から来た道と、喜多方のメインストリートとが交わる交差点に佇む。

Dsc06555
50年以上の歴史を持つ老舗。
開店時間ちょっと過ぎの10時40分頃到着。店の脇の駐車場に車を止めた。

Dsc06558
「いらっしゃいませ」
妙齢の喜多方美人のママさんに迎えられた。さっとお冷が届く。
老舗ゆえ、何度か改装されたであろう店は清潔感いっぱい。
テーブルに着席して一息つく。

Dsc06559
Dsc06560_2
Dsc06561_2
メニュー
ラーメンは元より、カレーやカツ丼など典型的な食堂メニュー。
こちら老舗。本来ならその味であるデフォの中華そばを頂くべきだろうが・・・
晩秋、そして当日は秋雨で寒かった事もありタンメンをお願いした。
厨房はママさん一人で切り盛り。派手な音は聞こえないが、慈しむようなオペが見える。

10分後、着丼であった。

Dsc06564
タンメン 650円

Dsc06567

青み掛かった丼に微濁のスープ。その上に載る色とりどりの具材が鮮やか。

Dsc06571
もうもうと上がる湯気をフーフー吹いての写真撮影。タンメンの写真撮影は苦労する。
スープにピントが合わないため、レンゲに合わせてからパチリ。
ガラ感、野菜、油、軽い塩味がじっくり融合して濁るスープは旨みが融合。
わずかに胡椒効き、塩ラーメンとは違った豊かな味わいがある。

Dsc06572
麺は太めのストレート。わずかにウェーブする。
地元の銘麺・五十嵐製麺の物を、わざわざ手もみしてもらい使用するこだわり麺。
具材の旨みが一杯にのスープに負けずに主張する。
最近「タンメンは太麺」と思い始めた自分にはうれしい。モッチリ食べ応えあり。

Dsc06573
具材はキャベツ、ニラ、モヤシ、ニンジン、キクラゲ。それに豚コマなど。
シャキシャキ。そしてしっかりスープを吸い込んで甘みいっぱい。

Dsc06566
こんな一皿が付くのも老舗ならでは。ほんのり生姜の香りがいい。

Dsc06574
穏やかな味わいは丼の底まで堪能できた。ごちそうさまでした。

お勘定時、ママさんと会話。
「ウチは豚ガラのスープと煮干のスープを別々に作ってあわせています」と・・・
タンメンは豚ガラスープだけで作るのだそうだ。
喜多方ラーメンといえば煮干香るスープが特徴だが、タンメンには邪魔になるであろう。
ゆえにタンメンを出す店は少ないが、寒くなるとタンメンがうまいのも事実。

さすが老舗。百戦練磨の味。喜多方のタンメン、大いにお勧めである。

Dsc06557
Dsc06556
かど屋

福島県喜多方市水上6767-8(地図)

TEL 0241-22-1663

営業時間 10:30~15:00 17:00~18:30(スープがなくなり次第終了)

定休日 月曜日

席数 カウンター4席 テーブル2卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス JR喜多方駅を背にし直進。6つ目の、国道459号と交差する信号角左手。

« ラーメン うめ八@福島県喜多方市 | トップページ | 関さん@福島県会津若松市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60592126

この記事へのトラックバック一覧です: かど屋@福島県喜多方市:

« ラーメン うめ八@福島県喜多方市 | トップページ | 関さん@福島県会津若松市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ