« 明陽軒 3@群馬県下仁田町 | トップページ | 麺屋 むじゃき@茨城県水戸市 »

2014年12月15日 (月)

おおぎやラーメン 高崎問屋町店 2@群馬県高崎市

祝・開店(^^)

Dsc05149
2014年12月5日開店。日本で一番新しい「おおぎや」である。

Dsc05124
11時15分頃到着。先客は10人ほど。明るい「いらっしゃいませ」の合唱に迎えられた。
一人であることを告げるとカウンターに誘われた。

Dsc05125
Dsc05126_2
Dsc05131
Dsc05129
Dsc05132
メニュー
ラーメンは元よりセットメニューやサイドメニュー。デザートや子供向けメニューなどサービス充実。
いまどきのラーメン屋は家族連れ・子供連れでは敷居高いような店ばかりだが、こちらは大歓迎の様である。
やたら味噌ラーメンの注文や配膳が多いのはおおぎやならでは。

しかし今日は変化球?でいってみよう。胸に「研修中」の札を付けたかわいい上州美人に「塩ラーメン」とサービスライスをお願いした。注文を復唱する時のぎこちなさが初々しい。

Dsc05133_2
スタッフは男性一人、上州美人4人の体制。
さすが働き者で名高い「かかぁ天下」の上州女。さばきもテキパキ。ストレスを感じない。
普通、新店では不慣れなスタッフのためうまく回らない事が多いがさすがおおぎや。
客に不自由を掛けることなどしない。客の呼びかけに、即座に「はーい」と笑顔で対応。

かつて某つけめんチェーン店の開店の時、ラーメン一杯1時間以上待たされたのとは大違い。
7分ほどでまず「サービスライス」が到着。

Dsc05135
かつては群馬の米か?と思っていたが、最近は米価の下落によりグレードアップ。
コシヒカリを使っていると思われる。卓上の小梅で頂いた。そして・・・

Dsc05136
塩ラーメン 648円(税込)

Dsc05139
味噌や醤油に比べてモノトーンな色合いは一見地味。
コーンやネギが控えめに彩る。胡椒や唐辛子のスパイスが見える。

Dsc05141
若干濁りのスープは、今風のお上品でなく昔のラーメン屋風。
ガラ感香るダシに結構ニンニクが効くワイルドな感じ。
ケレン味ない塩がキリリと冴える。熱めの温度に胡椒が効いて、結構顔が熱くなる。

Dsc05143
麺は中細。食い応えと、モチモチシコシコな食感が堪らない「おおぎや麺」。
自社工場で製麺するから「自家製麺」でしょう。かん水の香りと麦の香りがバランス。
結構どんなスープにも対応しそうなオールラウンダー。

Dsc05144
パリッとした茹で具合のモヤシ。噛むと甘い汁が口中にほとばしる。
麺と一緒に箸で挟んでスープをザバッと絡めて頂く。

Dsc05145
モヤシやコーンは載れど、味わいは「カケラーメン」に近いノリ。シンプルの一言。
サバサバモチモチパリパリ、途中で適当にご飯を掻っ込みながら・・・ごちそうさまでした。

お勘定して外に出る。ほてった顔を、師走の上州名物「空っ風」がなでるのが心地よい。

おおぎやのラーメンは、空っ風に吹かれて食ってこそうまい。大いにお勧めである。

Dsc05123
納入業者から贈られた花輪が並ぶ。

以前、人づてに、おおぎや関係者様から、弊ブログへお褒めの言葉を頂いたと聞いた。
心より感謝いたし、誇りに思う次第である。

Dsc05147
Dsc05148
おおぎやラーメン 高崎問屋町店

群馬県高崎市問屋町2丁目11-2(地図)

TEL 027-388-9800

営業時間 11:00~26:00

定休日 年中無休

席数 カウンター8席 テーブル8卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

ホームページ http://www.oogiya.com/

動画 http://www.youtube.com/watch?v=ilEoIHLR1N0

交通アクセス 国道17号を本庄から前橋方面へ走行。環状線と交差する「緑町」信号右折。一つ目の信号角左手。

« 明陽軒 3@群馬県下仁田町 | トップページ | 麺屋 むじゃき@茨城県水戸市 »

おおぎやラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60808801

この記事へのトラックバック一覧です: おおぎやラーメン 高崎問屋町店 2@群馬県高崎市:

« 明陽軒 3@群馬県下仁田町 | トップページ | 麺屋 むじゃき@茨城県水戸市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ