« 天下一 立川店@東京都立川市 | トップページ | 徳島ラーメン@静岡県静岡市 »

2014年12月 5日 (金)

旅の終着駅 次郎長@静岡県三島市

旅~行けば~駿河の国の~茶の香り~ 東海道・国道1号沿いに佇む。

Dsc04888
東海道一の親分・清水次郎長の名を冠する。
開店時間の11時ちょっと過ぎ。すでに駐車場には数台の車が・・・なかなか人気店の模様。
先の人に続くように入店した。

Dsc04895
「いらっしゃいませ」
二人の男性店員、三人の静岡美人に迎えられた。
神奈川の相棒と二人連れである事を継げると「こちらへどうぞ」と小上がりを勧められる。

Dsc04892
Dsc04893
Dsc04898
メニュー
街の食堂・中華屋にありがちの、ある物何でも入れちゃえ系でヴァリェーション多彩。
そしてカレーライスやカツ丼など。
そ・し・て・・・客は「チャーハン」を頼んでいる。メニューに無いんですけど・・・
人気の裏メニューらしい。だったらメニューに載せとけよっ!
相棒とデフォのラーメンをお願いした。約12分程で着丼であった。

Dsc04900_2
ラーメン 600円

Dsc04901
漆黒の器に深い琥珀色のスープ。油玉が光る。万能ネギの青が目映い。

Dsc04904
穏やかなガラ感。そして海沿いならでは?魚節の甘みが主張。
色深いが尖らない醤油がアシスト。化調がうまみを増幅。

Dsc04905
麺は中華そばにふさわしい感じの細縮れ。
加水少なめでわずかに硬めなそれは小麦やかん水の風味を堪能できた。
甘めなスープと相まって軽快に啜り込む。

Dsc04907
チャーシューはダシのよく出る赤身。ダシガラでちょっとパサ。昔のチャーシューの味わい。
それが何と!お得にも3枚入る。スープと一緒に噛むと美味。

Dsc04908
メンマはコリッとプリッと・・・なかなか竹の甘みが出ていた。

Dsc04912
塩気穏やかなスープは最後まで飲める。一匙づつ掬いながら・・・完食・完飲。

初めて頂いた静岡ラーメン。この界隈は関西風なのか?ダシ>カエシの感じ。
ちょっとハマッてみたくなるラーメン。大いにお勧めである。

Img_6600
ここから数十キロ、静岡市清水区、梅蔭寺にある次郎長の像。

本名は山本長五郎。1,000人余りの子分を持つ「東海道一の親分」は浪曲で有名だが、新政府軍との戦いで戦死した幕軍兵を「死人に官軍も幕軍も無ぇ。同じ天子様の赤子だ」と厳罰も厭わず弔った。

また、山岡鉄舟などの幕臣や政府高官とも交流。明治維新後、清水港の発展や富士山麓の開墾に尽力。
晩年は「清水のお爺ちゃん」と、子供たちから慕われたという。

Img_6603
「男の中の男」と呼ばれた一代の侠客は、明治25年、開墾地にジャガイモを植えた日、冷たい雨に当たって悪い風邪に罹り、愛妻・三代目お蝶や大勢の子分が見守る中、74年の波乱に富んだ生涯を閉じる。

Dsc04890
Dsc04885
味の終着駅 次郎長

静岡県三島市谷田62-2(地図)

TEL 055-973-2108

営業時間 11:00~22:00

定休日 月曜日祝日は営業、翌日休み)

席数 カウンター4席 小上がり5卓 二階席もある模様。

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道1号を小田原から静岡方面へ走行。「谷田小山中島」信号先約200m先左手。

« 天下一 立川店@東京都立川市 | トップページ | 徳島ラーメン@静岡県静岡市 »

静岡のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60717828

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の終着駅 次郎長@静岡県三島市:

« 天下一 立川店@東京都立川市 | トップページ | 徳島ラーメン@静岡県静岡市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ