« 麺屋 むじゃき@茨城県水戸市 | トップページ | らぁめん 赤星 12@埼玉県深谷市 »

2014年12月19日 (金)

ともべ食堂@茨城県水戸市

前の店で食べ終わって、店を出てみれば・・・

Dsc04833
向かいに、こんなお店が佇む。赤いノレンに「チャンポン」と書かれる。
思わず、車をこちらに向けた。

Dsc04864_2
昔ながらの、テーブルが並ぶ典型的な食堂の雰囲気。
年配のママさんの「いらっしゃい」と迎えられた。先客二名様。

Dsc04861
Dsc04863
Dsc04877
メニュー。
ば・か・や・す・い。国民を苦しめるアベノミクスにもかかわらず、デフォのラーメンは450円。
看板メニューであろう「チャンポン」をお願いする。10分ほどで着丼であった。

Dsc04866
チャンポン 600円

Dsc04867
うおっ!思わず横から撮ってしまうほど、ラウンド深い丼に盛り上がる具沢山。

Dsc04868
赤青黄色白緑・・・アンが掛かったカラフルな具が目に映える。

Dsc04869_2
まずスープから・・・あちちちち!熱いアンが唇を焼く。ふーふー・・・
十分吹いて頂く。味は軽めの塩味。

Dsc04872
続いて「ぬおおおおぉ」と、アンで重い具の底から麺をほじくり出し持ち上げる。
中太の角麺はもっちりシコシコ強靭。塩味のアンがねっとり絡む。

Dsc04873
具沢山で贅沢な気分。まずはプリプリな海老やチクワの海鮮。

Dsc04875
コリコリキクラゲ。そして椎茸も入る。

Dsc04874
そして豚コマ。野菜はキャベツやニラやコーンなど。わずかにニンニクと胡椒の香ばしさ。
恐ろしくボリュームあり。そして・・・熱い!

Dsc04878
いい加減食べ進むと、ガラ感ほんのり香る、タンメンライクなスープが顔を覗かせる。
チャンポンと言うより「海鮮入りタンメン」と呼ぶべきか?

Dsc04881
さらに奥から・・・こんなサプライズも・・・

Dsc04883
正直、麺は大した事はないであろうが、具のボリュームに恐れ入る。額に汗・・・
二郎を食べた時の疲労感と達成感があった。スープを少し残してごちそうさま。

Dsc04882
ママさんの「コーヒーいかがですか?」の声に呼ばれて見る。ふーっと一息つく。

ママさんに「さっき前のお店で食べてきたんですよ」と言うと・・・
「前のお店混んでますね。でも、前のお店からウチに来る人はいませんね」と・・・

しっかり住み分けがされているようである。

人気のニューウェーブを前にしてゆるぎない老舗の貫禄。大いにお勧めである。

Dsc04860
Dsc04859
Dsc04858_3
ともべ食堂

茨城県水戸市本町3-1-5(地図)

TEL 029-221-5595

営業時間 11:00~未確認(通し営業の模様)

定休日 日曜日 祝日

席数 テーブル10卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道51号を大洗から水戸市街地方面へ走行。「東桜川」信号左折。約500m先左手。

« 麺屋 むじゃき@茨城県水戸市 | トップページ | らぁめん 赤星 12@埼玉県深谷市 »

茨城のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60746026

この記事へのトラックバック一覧です: ともべ食堂@茨城県水戸市:

« 麺屋 むじゃき@茨城県水戸市 | トップページ | らぁめん 赤星 12@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ