« スタミナラーメン 松喜吉@茨城県水戸市 | トップページ | あやめ食堂@栃木県足利市 »

2015年1月 9日 (金)

ラーメン 押山@栃木県佐野市

佐野中心部から外れた、旧・田沼町に佇む。

Dsc00244
年始の最後の休日とあり、主だったところは佐野大師初詣客でごった返す。
ラーメンなど並んでまで食いたくない自分。それならば・・・と、ちょっと離れたこちらへ。
Dsc00246
11時半頃到着。中に着席を待つ人4名。
店員の「いらっしゃいませ。何名さまですか?」の言葉に一人であることを伝える。
若干待ったあと、カウンターに誘われた。

Dsc00249_2

Dsc00252_2
メニュー
ラーメン+餃子(5個)をお願いした。

Dsc00251_2
店員は若い男性二人+若い佐野美人3人の体制。
皆かいがいしく動き回り戦場さながら。15分くらい掛かって着丼であった。

Dsc00254
ラーメン 600円

Dsc00255
黄金色のスープに淡いピンク色のチャーシューが浮く。
メンマやナルトが載るなど、典型的な佐野ラーメンのスタイル。

Dsc00257
口に含んだ瞬間、ほわ~っと香るガラ感と煮干の甘み。
醤油は色付け程度で塩に近い味わい。ぽつぽつ油が光る。この時期、熱い温度がうれしい。
軽快で潔い感じは、まさに佐野ラーメンの基本通り。

Dsc00263
麺は佐野や東毛(群馬県東部)なら「標準」の姿。青竹手打ちの幅広な太麺。
ささくれあり不ぞろいで、いかにも手作りといった感のある物。
実は一口に青竹打ちと言っても、姿・食感は店によって様々。
こちら、かなりしっかり圧縮され角の部分がしっかりシコシコ。中が柔らかの二重構造。
噛むと小麦の粉っぽい風味としっかりした甘みを感じた。
軽快なスープは、麺のうまさを引き立てる為のものか?とさえ思ってしまう。

Dsc00259
チャーシューは巻きバラ。
赤身にほんのり浸み込んだカエシと、熱いスープで半溶解した脂が交錯。
噛むと豚のうまみが滲む。

Dsc00260
メンマは浅めな味わい。スープで味付けられる感じ。

Dsc00261
全体的にしょっぱくなった舌をリセットしてくれたナルト。そして・・・

Dsc00264
餃子5個 400円

Dsc00265_2
同県の有名な宇都宮餃子より二周りほども大きい佐野餃子。
厚めの皮はパフッと膨らみ、噛むとサクッとした歯触り。中から熱いスープが飛び出す。
野菜と豚肉の風味が鼻腔に膨らむ。例によって酢だけで頂く。

Dsc00266
佐野ラーメン+佐野餃子はかなりの炭水化物の摂取となりヘビー。やっと食べきる。
餃子3個(250円)でもよかったかな?スープを少し残してごちそうさま。

かつて自分は1年半ほど東毛で仕事をした事がある。昼は毎日ラーメンを食べていた。
それでも飽きることがなかった味。これって大事だと思う。

毎日食べても飽きない佐野ラーメン。大いにお勧めである。

Dsc00250
店主は同市内の人気店・田村屋出身。
以前頂いた事があったが、同じ文句が書かれた額があった。

Dsc00267_2
うおっ、食べ終わって外に出ると・・・単にタイミングがよかっただけか。

Dsc00269
入ってすぐ右手にある麺打ち場。佐野や東毛のラーメン屋には珍しくない。
中には直系15cmの極太青竹が置かれていた。

Dsc00243_2

Dsc00268_2
手打ちラーメン 押山

栃木県佐野市田沼町339-2(地図)

TEL 0283-62-8785

営業時間 11:00~14:00 17:00~20:00 日祝11:00~20:00(麺切れ終了)

定休日 水曜日(祝日は営業。翌日休み) 火曜日夜の部

席数 カウンター3席 テーブル1卓 小上がり5卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 県道7号を館林から佐野方面へ走行。国道293号と交差する「田沼上町西」信号左折。約50m先右手。

« スタミナラーメン 松喜吉@茨城県水戸市 | トップページ | あやめ食堂@栃木県足利市 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60922024

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン 押山@栃木県佐野市:

« スタミナラーメン 松喜吉@茨城県水戸市 | トップページ | あやめ食堂@栃木県足利市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ