« らぁめん工房 トキちゃん@群馬県高崎市 | トップページ | 天狗らーめん 武里店@埼玉県春日部市 »

2015年1月28日 (水)

チャンポン屋@茨城県水戸市

創業50年の老舗。

Dsc00399
実は、以前で頂いて駐車場から出ようとした時「うおっ」と思った。
昔は長屋だったんだろうか?11時ちょっと過ぎ、通りの駐車スペースに車を止めて訪店。

Dsc00419
すでに先客3名様。ちょっと狭めの店内がいい。
水戸美人のおばちゃんに「いらっしゃい」と迎えられた。テーブルに着席する。

Dsc00401
Dsc00402
メニュー。何気にラーメン専門店。
「伝統の味」と書かれるチャンポンをお願いする。
オペを観察。野菜は切り置きでなく、いちいち一杯ごとに刻まれる模様。
10分後、何と!お客が丼を廻してくれて着丼。常連さんに感謝!

Dsc00407
チャンポン(普通盛) 800円

Dsc00408
うおっ!溢れて垂れてる・・・凄いボリューム。

Dsc00410
キャベツ、モヤシ、白菜、ニンジン・・・白い丼に青々とした野菜が映える。

Dsc00411
スープ・・・餡ですね。塩味の葛湯を頂いている感じ。

Dsc00412
餡にまみれた麺は細め。餡に負けてクタ目に感じる。
しかし唇で噛み切るとプリッとした腰を感じた。

Dsc00413
大きめにザク切りされる野菜。キャベツや白菜の葉脈がシャックリ甘い。

Dsc00416
刻まれたバラ肉が入る。結構バランスいい食事ではないか?

Dsc00415
しっかし熱い!ふうふう吹きながら頂く。
店内には湿った温かさ。ラーメンから立ち昇る熱気で額に汗・・・

Dsc00417
半分ほど食べ進むと、次第に普通のタンメンに変化する。
スープが本来持つほのかなガラ感、野菜のうまみが混合した塩スープ。
若干コショウが多い感じかな?

Dsc00418
50年と言うことは、ギリギリ昭和30年代か?歴史の重みを堪能する。

ママさんに「普通のチャンポンと違いますね?」と言うと・・・
「長崎チャンポンと書いてないでしょ?ウチのオリジナル」との答え。
水戸ではこう言うのがチャンポンらしい。そういえば前に頂いた店もこんな感じだった。

後客もぞろぞろ。「チャンポンでいいの?」と、おばちゃんの方から声を掛ける。
いかに常連が多いかわかる。

納豆と並んで水戸の名物であろう。大いにお勧めである。

Dsc00393
Dsc00394
こちらからほど近くにある天狗納豆
1パック108円は割高に感じるが、3パック百数十円の1パックの2倍くらい入っている。
加えてさすがに「名産」とあるだけにうまい。結果お買い得。こちらもお勧めである。

Dsc00398
Dsc00397
チャンポン屋

茨城県水戸市本町1丁目10-15(地図)

TEL 029-231-2504

営業時間 11:00~17:00

定休日 日曜日

席数 カウンター4席 テーブル1卓

喫煙 可

駐車場 なし(商店街の通りに無料駐車スペースあり)

交通アクセス 国道51号を大洗から水戸方面へ走行「東桜川」信号左折。三つ目の「柳町二丁目」信号左折。二つ目の交差点を越えて約20m先右手(二つ目の交差する道は一方通行なので注意して下さい)。

« らぁめん工房 トキちゃん@群馬県高崎市 | トップページ | 天狗らーめん 武里店@埼玉県春日部市 »

茨城のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/60991657

この記事へのトラックバック一覧です: チャンポン屋@茨城県水戸市:

« らぁめん工房 トキちゃん@群馬県高崎市 | トップページ | 天狗らーめん 武里店@埼玉県春日部市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ