« 食堂 ふじもと@山梨県大月市 | トップページ | 家系総本山 吉村家@神奈川県横浜市 »

2015年2月18日 (水)

ラーメン 厚木家@神奈川県厚木市

国道246号沿いに佇む。

Dsc05303
横浜家系ラーメンの元祖・吉村家直系のこちら。
時々、ガツンとしょっぱい家系ラーメンが食べたくなる。そんな時は「山岡家」だったが・・・
午後3時半頃の中途半端な時間でも駐車場満杯。出る車と入れ替わるように車を滑り込ます。
階段から二階へ・・・

Dsc05305
食券制。
二台並んだ券売機が客の多さを物語る。
デフォのラーメンと、トッピングの「にらもやし」のボタンをポチる。

さて、店内の様子を撮影・・・と思ったら「店内撮影禁止」貼紙。
調べたら、かつて一眼レフで撮影していた客がいて、他の客とトラブルになったらしい。

音楽鑑賞会と同じく、こういう場所ではシャッターの音がする一眼レフはマナー違反。
自分のようにコンデジでシャッター音を消し、フラッシュを焚かないで撮影するのがマナー。
最近のラヲタのマナーの悪さを嘆かわしく思っている自分である。

そんなわけで、店内撮影はしたものの写真は掲載せず。

広い厨房をぐるりと囲むように赤いカウンター。先客10人ほど。
5人ほどの(うち一人は厚木美人)店員に「いらっしゃいませ」と迎えられ、カウンターに着席。

食券提出。「お好みは?」と聞かれた。家系は味の濃さ・麺の硬さ・油の量を指定する。
「油多め」のみお願い。

家系のお店は若い店員が多く元気が溢れている。
全員に聞こえるように声も大きく、従って全員で店内の状況を把握している。

この時1ロット4杯。豪快というか大雑把というか・・・寸胴から白濁したダシを投入。
湯切りのしぐさも豪快で麺を投入。

助手?が「○番さん油多め」と作り手に指示。トッピングをして先客に次々配膳された。
やがて自分にも「油多めです」の声と共に着丼であった。

Dsc05308
ラーメン(油多め)640円+にらもやし80円

Dsc05310
白っぽい他の家系と違い、吉村家直系スープは茶色掛かっていると思うのは自分だけか?
鶏油(チー油)の大きな油玉が金色に光る。意外に粘度はなく味はくっきり。
豚やその他の食材の融合したうまみが口中に広がる。温度は熱め。

Dsc05309
 
麺は中太ストレートの丸麺。家系特有の、あまりスープが載らない表面ツルツルタイプ。
硬めだが意外と細めで家系のイメージのバキバキではない。
にらもやしは油炒めのようで香ばしい香りを放つ。デフォのほうれん草が甘い。
麺と一緒に挟んでバサバサ頂く。多めの油が啜り心地をよくする。

Dsc05311
チャーシューは燻製の技法で作られるのであろう。生っぽい噛み心地と炭のような風味あり。
噛み締めるとちょっと塩気強めな豚のうまみが滲む。

Dsc05307
家系のルーツはラーメンショップ。ラーショと言えば自由に味変えで楽しむ店。
卓上には味変えのアイテムが並ぶ。ニンニクを投入、味にパンチが出る。

Dsc05312
あれっ?家系ってこんなに食べやすかったっけ?
塩気は尖らず軽やかでフレンドリー。油もそれほど堪えずヘビーではない。
ちょっと拍子抜け。スープを少し残してごちそうさま。

後で、本場で食べまくった人にこの事を話すと・・・
「本物の家系はそういう味。この辺(埼玉・群馬)の家系は家系じゃない」と・・・

つまり、自分が「家系」と思っていたのは本物の家系ではなかったのか?
「家系はガツンとしょっぱい」というイメージを払拭してくれたこちらに感謝。

正直、ちょっと尖った味で敬遠していた家系だが、そうなれば本物を堪能したくなる。

本場、そして本家直系のこちら。大いにお勧めである。

Dsc05302
家系ラーメンは、かつてお家騒動があったようであるが・・・客には関係ない事であろう。

Dsc05304
Dsc05301
ラーメン 厚木家

神奈川県厚木市妻田東2-25-11(地図)

TEL 046-222-3888

営業時間 11:00~24:00

定休日 日曜日 

席数 カウンター21席

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道16号を八王子から横浜方面へ走行。「橋本小学校入口」信号先を左斜線、国道16号を下り「橋本五叉路」信号を厚木方面へ右折、国道129号を厚木方面へ。「金田」信号右折、伊勢原方面へ約1km。「妻田」信号先すぐ左手。

« 食堂 ふじもと@山梨県大月市 | トップページ | 家系総本山 吉村家@神奈川県横浜市 »

神奈川のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

吉村家直系と言うことは麺は「酒井製麺」ですね。
これが旨いんですよね。
スープの色もまさしくこれです、醤油の味もどこか独特で最初に食べた味は今でも鮮明に残ってます。
あー食べたい! 

もう20年程前になりますが、横浜で家系を食べまくっておりましたm(__)m
当時は各店、絶えず寸胴で豚骨を煮出していたので、訪問時間、客入り、使用寸胴の大きさで、かなりスープの味わいが変化していました。
個人的には、午後3時頃の介一家(現 介一家本店)が旨かったな~w

>>Zマン さん

いらっしゃい

表面つるつるでスープが乗りずらい。家系の麺ってホント独特ですね。
そのおかげで麺とスープのコントラストがくっきり。
自分は「いまさら家系」ですが、神奈川に行く機会も多いので、いろいろ行ってみたいと思います(^^)

>>ランディ さん

毎度!
この後、総本山「吉村家」に行きました。
横浜の街には「○○家」の名のお店がいっぱいありました。
それと並んで中華街由来の「横浜中華そば」も・・・
ラヲタには楽しそうな街です(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61105022

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン 厚木家@神奈川県厚木市:

« 食堂 ふじもと@山梨県大月市 | トップページ | 家系総本山 吉村家@神奈川県横浜市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ