« 横浜らーめん 青木家@群馬県高崎市 | トップページ | 自家製ラーメン 大者 12@群馬県高崎市 »

2015年3月30日 (月)

らぁめん 赤星 15@埼玉県深谷市

週末はやはりこちら。

P1010179
恒例・週替りの醤油による「煮干そば」
夜9時頃到着。金曜夜は、翌日休みのサラリーマンで一杯だが・・・
土曜の夜、さらに春の花見シーズンと言う事もあってひっそり。
店主とママさんに迎えられた。

P1010168
調べたら、国道1号から少しだけ入った(旧々道?)所にある昔ながらの小さな醸造元。
よくまあそんな所を見つけるもんだ。店主のこだわりに脱帽。いつもの「かけ」でお願いした。

P1010170
煮干そば(かけ) 600円

P1010171_2
うおっ、いつもと違って黒っぽく濁る。
店主「今日は、あえてちょっとに煮干のエグ味を出してみました」と・・・

P1010172
なるほど、確かに「にぼ~」という感じ強し。
最近流行の煮干粉ぶち込み程ではないが、いかにも「煮干」という感じのスープ。
いい感じにビターテイスト。温度は高め。
肝心の醤油は風味豊かだが塩気控えめ。あくまでダシのアシストに徹する。

P1010175_2
麺は定番のカネジン食品謹製。加水高めの、わずかにウェーブする細麺。
茹で具合はしなやかに強靭。いつもながら感心する茹で具合。
油が浮かないうまみ冴えたスープと、それを弾くが如くの麺。すごいメリハリ。

P1010176
スープと麺のせめぎあい。
どちらも極上でなければこのうまさはありえない。
無心に掻っ込む・・・ごちそうさまでした。

正直、こちらの透明感高いラーメンに、深谷ネギの薬味はちょっと強いきらいがあった。
しかし、あえて濁らせてエグ味を出した事により、その薬味が存在感を主張。

店主に「すっきりもいいけどエグいのもいいね。両方作るの?」と聞くと・・・
「どっちがいいんですかね?」と思案顔。

ともあれ、毎週楽しませてくれるこちら。大いにお勧めである。

らぁめん 赤星

埼玉県深谷市西大沼344-17(地図)

TEL 未確認

営業時間 11:30~14:30(土日11:30~15:00) 18:00~21:00(金土18:00~22:00)

定休日 木曜日 第二、第四水曜日

席数 カウンター7席 小上がり2卓

喫煙 11:30~14:30禁煙

駐車場 あり(店前3台)

交通アクセス 国道17号線を本庄より熊谷方面走行。「ボートピア岡部」を過ぎて右方面「深谷市街」方面へ。左手の「ラーメンあじ平」裏。「ファミリーブック大沼店」隣。

« 横浜らーめん 青木家@群馬県高崎市 | トップページ | 自家製ラーメン 大者 12@群馬県高崎市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61357021

この記事へのトラックバック一覧です: らぁめん 赤星 15@埼玉県深谷市:

« 横浜らーめん 青木家@群馬県高崎市 | トップページ | 自家製ラーメン 大者 12@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ