« 壱角家 高崎店@群馬県高崎市 | トップページ | たつき@群馬県高崎市 »

2015年3月 4日 (水)

矢口家 平塚店@神奈川県平塚市

国道1号沿いに佇む。

Dsc05537
横浜家系・介一家出身(最初は横濱家という説も)。県内に二店舗を構える。
6時半頃、ちょっと入り難い駐車場に車を止め入店。

Dsc05538
「いらっしゃい」
若い店員と、創始者・矢口英二氏に迎えられた。
厨房をぐるりと囲むカウンターに先客二名。古めかしい給水器から水を汲んで着席。

Dsc05539
メニュー
ラーメンスタンド風の建物にふさわしいシンプルさ。醤油味一本。
チャーシューやトッピングでヴァリェーションを増やす。
トッピングはこのほかに、ネギや辛ネギなどもあった。
ラーメンは並盛で650円。中、大盛で100円、200円加算。ラーメンを「油多め」でお願いした。

厨房や床に付着した油に時代の重みを感じる。
店主の手馴れた手さばきの下、7分後に着丼であった。

Dsc05542
ラーメン(油多め) 650円

Dsc05543
5mmほどの鶏油の下に、茶濁したスープが見える。
海苔は縁に刺さるのではなく、パサッと中央に覆いかぶさる。

Dsc05544
クリアな油の玉が美しく光る。
じっくり煮出された豚骨ダシはまったりマイルド。しかし濃厚。
色通り醤油はあまり尖らず、ガツンとくるショッパさはない。
それどころかダシのうまみを引き立てる。臭みは少なく飲みやすい。
これぞ豚骨醤油と言ったバランスいい味わい。温度はそこそこ熱め。

Dsc05545
麺は家系ならではの中太の強靭なシコシコ麺。
表面ツルツルで味が乗らず跳ね返す?食感と小麦のうまみを堪能できる麺。
麺とスープの一体感のないコントラストは家系ならでは。他のラーメンでは味わえない。
まるで最初から一緒の丼に入ったつけめん?

Dsc05546
大きなチャーシューは肩ロース辺りだろうか?
家系独特の燻製臭はないが、味わいや食感は家系のそれ。弾力ありハムライク。
チャーシューを噛み噛み、スープを飲むと融合して美味。

Dsc05547_2
家系のルーツである「ラーメンショップ」に通ずる茹でほうれん草はここでも踏襲。
単なる彩りを添えるだけでなく、栄養バランスや舌休めの役割もする。

Dsc05548
海苔で麺を巻き、スープを絡めて頂く。海苔巻き麺サイコー(^0^)

Dsc05540
卓上にはもちろん味変えアイテムが並ぶ。今日は生姜を行ってみた。味にキレが出る。

Dsc05549
奥深い味わいのスープをじっくり、じっくり堪能する。スープを少し残してごちそうさま。

実は8年前に一度伺った。
年始の2日だった為、どの店も営業しておらず、ほっつき歩いていたところ出会った。
ずいぶんありがたく思ったものである。

こちら、家系としてかなりの老舗と聞く。
最近のラーメン屋のようにインパクトはないが、じっくりした懐の広さ、器の大きさを感じる。

歴史と経験に裏打ちされた百戦錬磨の味。大いにお勧めである。

Dsc05536
矢口家 平塚店

神奈川県平塚市浅間町4-1(地図)

TEL 0463-35-3577

営業時間 11:30~27:00

定休日 特になし 

席数 カウンター15席

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道1号線沿い大磯から藤沢方面へ走行。「祟善小学校東」交差点角左手。

« 壱角家 高崎店@群馬県高崎市 | トップページ | たつき@群馬県高崎市 »

神奈川のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61175624

この記事へのトラックバック一覧です: 矢口家 平塚店@神奈川県平塚市:

« 壱角家 高崎店@群馬県高崎市 | トップページ | たつき@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ