« 壱角家 2@群馬県高崎市 | トップページ | らぁめん 赤星 15@埼玉県深谷市 »

2015年3月29日 (日)

横浜らーめん 青木家@群馬県高崎市

国道17号沿いに佇む。

Dsc05687
外装にトタンが貼られ、時代付け(古びた感じを持たせる)された外装。
館林・田村家とか、太田・田中家と関連があるのか?
実はなかなかの人気店。駐車場いっぱいでスルーしていたが・・・
今回、意を決して突入。11時ちょっと過ぎ、ひとつだけ空いていたスペースに飛び込む。

Dsc05693
うおっ、お客さんいっぱい。なかなかの人気。
「いらっしゃいませ。こちらで食券をどうぞ」上州美人に迎えられた。

Dsc05691
食券制。
基本のラーメンは豚骨醤油。他には味噌ラーメン。家系?らしくトッピング豊富。
デフォの「らーめん」のボタンをポチって、待ち席の傍らで待つ。
厨房に男性二人がかいがいしく動き回る。上州美人三名の5人体制。
開店はよさげ。7分ほどでカウンターに誘われた。好みを聞かれたので「油多め」でお願い。

Dsc05696
Dsc05697
カウンター上は箸やレンゲや胡椒やニンニク、生姜などの薬味が置かれる。
茶色い壷は柴漬け。ライスのおかずになろう。
手際いいオペで次々に配膳されている。5分後、自分の所に着丼であった。

Dsc05703
らーめん(油多め) 670円

Dsc05704
厚い液体油層の向うにかなり乳化したスープが見える。浮いた泡が粘度を表す。

Dsc05705
油がぐるりと渦を巻く。なかなかオイリーでクリーミー。
かなりしっかりダシを取ってるようで濃厚な豚骨スープ。それゆえ醤油の尖りなくマイルド。

Dsc05706_2
麺は家系の定石どおりの太めの角ストレート。しっかり圧縮されシコシコ感強い麺。
店内の貼紙に「丸山製麺」とあった。家系でよく使われるメーカー。
強い麺と濃厚なスープのせめぎあいを楽しむのが家系。

Dsc05707
チャーシューはロース。白い筋部分がとろけて赤身が崩れる。
好き嫌いのある燻製タイプではなく普通の茹で豚は一般向けを意識か?

Dsc05708
定番汚のほうれん草。見た目の青み。そして舌休め的な役割を果たす。

Dsc05709
デフォで大きな海苔が3枚。
パリパリのを食べるのも香ばしいし、こうやって麺を巻いて頂くのもうまい。

Dsc05710
自分に取ってはデフォでも硬めの麺。そしてヘビーなスープで食い応えあり。
卓上のアイテムで味変え。最近は生姜投入に嵌っている。スープを少し残してごちそうさま。

確かに本場の家系と異なる部分は多い。しかし・・・
ゲ○ラーメン王国の西毛(群馬県西部)において、このくらい濃厚でないと印象不足。
地元にあわせたアレンジは必要であろう。

濃厚に群馬ナイズされた横浜家系ラーメン。大いにお勧めである。

Dsc05698
こんなメニューもあり。札幌みそらーめん 750円。
実際に、店主が札幌に飛んで本場のみそラーメンを食べまわって作った物らしい。
実食者の評判も上々。

Dsc05711
Dsc05689
横浜らーめん 青木家

群馬県高崎市下之城町489-1(地図)

TEL 027-323-6612

営業時間 11:00~15:00 17:00~22:30 (金・土・祝前日は夜の部17:00~23:00)

定休日 火曜日

席数 カウンター10席 テーブル3卓 小上がり1卓

喫煙 不可

駐車場 あり

ホームページ http://aokiya.nomaki.jp/menu.html

交通アクセス 国道17号(高前バイパス)を前橋から東京方面へ走行。環状線と交差する「下之城」の次の「下之城東」信号先約200m左手(中央分離帯があるため、東京方面からは、一旦通りすぎてからUターンする必要があります)。

« 壱角家 2@群馬県高崎市 | トップページ | らぁめん 赤星 15@埼玉県深谷市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61190159

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜らーめん 青木家@群馬県高崎市:

« 壱角家 2@群馬県高崎市 | トップページ | らぁめん 赤星 15@埼玉県深谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ