« 風車 石原店@石原埼玉県熊谷市 | トップページ | 佐久山食堂@福島県喜多方市 »

2015年4月 7日 (火)

ラーメン うめ八 2@福島県喜多方市

喜多方随一の人気店で修行。そして話題店のこちら。朝ラーメンとしゃれ込んだ。

P1000775
前回の喜多方から「もうすっかり春だんべ~」と油断した。ノーマルタイヤで訪店。
途中、雪の南会津で・・・
「うおっ、赤信号!うおおっ、止まらねぇ!うおおおっ!てっ、天皇陛下万歳っ!」

!!!くぁwせdrftgyふじこlp ○△■×☆・・・

何とか無事に到着。雪に埋もれたこちら、朝7時半頃到着。

P1000781
「いらっしゃいませ~」
若い男女の声と、暖かい店内に迎えられた。先客はカウンター1名、テーブルに3人1組。
真新しい、おおよそラーメン店に見えないおしゃれなカウンターに着席。

P1000779
メニュー
前回は喜多方ラーメンの定番と思われた醤油味を堪能。
今回は何気に評判の塩味をセレクト。オーダーする。しかし・・・
調理台に山と積まれたチャーシューに心が動く。
「塩チャーシューにしてくんね~だんべ~か?」と変更を申し出る。男性快諾。

調理台に三個の丼が並べられた。きっと3人連れの分だろう。
カエシを入れ、丼に引かれた線丁度にダシを投入。茹でた麺をパッパッパッと湯きりして投入。
女性店員が心得たようにトッピング、配膳された。
そして自分の分か?同じようなスープの色。先客も塩か?塩が人気か?
同じようなオペでラーメン作り。それが自分の前に提供された。

P1000783
塩チャーシューメン 850円

P1000785
チャーシューに覆われて見えづらいが・・・うっすら濁りのスープ。
黄金色のスープ。ひょっとして、白醤油使用か?

P1000787
豚感いっぱいのスープはじっくりした深みあり。塩気が軽やか。
なかなかフレッシュで若さいっぱい。熱めの温度は雪国ではうまさのひとつ。

P1000789
麺は定番であろう。多加水・中太縮れの喜多方麺。
啜り込むとモチモチ、シコシコと元気に口の中を跳ね回る。
このうれしい食感にやられた人は多いはず。自分も逃れらない一人。

P1000790
チャーシューはデフォのラーメンで3枚。チャーシューメンでは7枚となる。
結構厚め。噛むと醤油のカエシが染みこんだ赤身から、うまみがじわっと染み出す。
バラ主体だが一枚だけ肩ロースが載っていた。小技が効く。

P1000791
しっかりめな作りのラーメンにあって、メンマはあっさりと力の抜きどころ。
ほのかな竹の甘みが、一瞬舌を和やかにする。

P1000792
食べ進むほどに、チャーシューからうまみやカエシが染み出し味が変わってくる。
これが塩チャーシューメンのいい所。一杯で二度おいしい。スープを少し残してごちそうさま。

聞いた所、坂内食堂から独立する際、「本店と同じ味を出してはいけない」の決まりがあるという。

確かにこちらや香福一平も「ホントに坂内出身?」と思うほどラーメンは似ていない。
ひょっとして「安易に模倣に甘んじるな」の叱咤激励であるのかも?

しかしどちらも坂内伝統の「朝ラーメン」を継承。大いにお勧めである。

P1000777
P1000793_2

ラーメン うめ八

福島県喜多方市字北町上47(地図)

TEL 0241-24-5045

営業時間 7:00~19:00(材料切れ終了)

定休日 月曜日(祝日は営業。翌日休み)

席数 カウンター4席 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道121号を会津若松から米沢方面へ走行。会津縦貫道と交差する信号を喜多方市街方面へ。5つ目の信号左折。約10m先右手。

« 風車 石原店@石原埼玉県熊谷市 | トップページ | 佐久山食堂@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61292278

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン うめ八 2@福島県喜多方市:

« 風車 石原店@石原埼玉県熊谷市 | トップページ | 佐久山食堂@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ