« 佐久山食堂@福島県喜多方市 | トップページ | 高崎 つばさ家@群馬県高崎市 »

2015年4月10日 (金)

菊水@福島県喜多方市

JR喜多方駅からほど近い、ちょっと細い路地沿いに佇む。

P1000827
看板に「手打そば」あるとおり、実はそばうどんの店。
しかし喜多方のラヲタの中では評判がよろしい。隠れ名店か?
12時半頃到着。店前に車をとめて入店。

P1000831
「いらっしゃいませ」
健康的な喜多方美人に迎えられた。先客はテーブル1名。小上がりに二組。
小上がりに上がり込む。さっとお冷が届く。

P1000835
P1000837
P1000839
メニュー
基本はそばうどんだが・・・ご飯物や定食、セットメニューもあり。

P1000833
P1000834
特にラーメンは別紙の写真入メニューがあり、結構お勧めしてる模様。
まずは、デフォのラーメンをお願いしてみる。

スタッフは喜多方美人二名、男性一名の体制。ラーメン作りは男性の仕事。
結構後客多く、しかも家族連れが多い模様。地元客であろう。10分程で着丼であった。

P1000841
ら~めん 600円

P1000843
うおっ、なかなか淡い感じで上品。奥ゆかしい感じ。スープの奥に、縮れた麺がのたうつ。

P1000844_2
熱めのスープが唇を焼く。ふーふー・・・当日は雪深かったためまたとないご馳走。
色通りあまり醤油は主張せず、限りなく塩に近い醤油味だと思う。
しかし、塩気も尖らず上品な魚介の和風な甘みあり。
東北のそばうどんと言うと、汁が真っ黒の醤油臭いイメージがあるが、関西風に感じた。
P1000848_3
淡くおとなしめなスープに比して、組み合わされる麺は元気な喜多方麺。
軽めのスープを引っ掛けて、結構サバサバ啜り込める。
手打そば屋ゆえに自家製麺か?は不明だが、なかなか小麦のうまみを実感できる。

P1000850
色から、チャーシューはただの茹で豚か?と思ったら、しっかりカエシで味が付く。
「しっかり」と言っても、ほんのわずかに感じるだけだが・・・この奥ゆかしさがいい。

P1000851
メンマも同様。さっくり甘め。

P1000852
最後の方でナルトを噛んで、少しだけしょっぱい舌をリセット。

P1000846
喜多方ラーメンでは、こんな一品が着くことは珍しい事ではない。
しかし、一見なんの変哲もないおしんこの味の冴えに感激する事しきり。

P1000853
塩分控えめ、ダシ重視のスープ。
年齢ゆえの高血圧だが、そのうまさに完飲。ごちそうさまでした。

あえてスープを控えめに、麺のうまさを味わわせる構成。
おおよそ「スープが麺に勝った」ラーメン屋とは違うスタンス。
ゆえに麺のうまさがダイレクトに伝わる感じ。

ちょっと変わった?そば屋の喜多方ラーメン。大いにお勧めである。

P1000829
P1000855
菊水

福島県喜多方市字寺町南5062-22(地図)

TEL 0241-23-2200

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)

席数 テーブル2卓 小上がり5卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス JR喜多方駅を背にして二つ目の信号(駅直前の信号は含まず)左折。一つ目の信号右折。すぐ右手。

« 佐久山食堂@福島県喜多方市 | トップページ | 高崎 つばさ家@群馬県高崎市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61306360

この記事へのトラックバック一覧です: 菊水@福島県喜多方市:

« 佐久山食堂@福島県喜多方市 | トップページ | 高崎 つばさ家@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ