« ラーメン うめ八 2@福島県喜多方市 | トップページ | 菊水@福島県喜多方市 »

2015年4月 8日 (水)

佐久山食堂@福島県喜多方市

銘酒「会津ほまれ」向かいに佇む。

P1000798
喜多方市街からかなり北に向かった所に位置する。
喜多方ラーメン店は、世間のラーメン屋よりちょっと早く開店する店が多い。
こちらも開店は10時。

P1000800
入店は11時頃。先客は年配の男性1名様。あまり広くない店内にテーブルが4卓置かれる。
ご夫婦であろう男女に「いらっしゃいませ」と迎えられた。

P1000799
メニュー。
「食堂」と銘打つだけあってうどんも置かれる。
きっと平日なら、向かいの酒造会社の社員で一杯なんだろうな・・・
喜多方名物?ソース炒めそばや山ちゃんラーメンにも興味津々・・・
しかし、最初の一杯はデフォであろう。ラーメンをお願いした。

うおっ!早い!4分ほどでラーメン登場。

P1000804
喜多方ラーメン 600円

P1000809
まだ冬の名残り多い喜多方にあって、もうもうと湯気の上がる熱いスープはうれしいもてなし。

P1000811
主張少なめな、穏やかな豚感。そして煮干のバランス取れたうまみのスープ。
油はあまり浮かず、変にぼやける事なく透明感あり。
醤油色は濃いが、塩気の尖りは皆無。わずかに、ほんのわずかにスパイシー。

P1000813
麺は、もう何十回も頂き、病み付きになった多加水の喜多方麺。
プルプルシコシコの元気な麺。喜多方ラーメンはこの麺があってこそと思う。

P1000814
P1000819
チャーシューはバラと肩ロースが一枚づつ載る。
スープにうまみを放出したダシガラをカエシで味付け。昔ながらのチャーシュー。
失礼な言い方だが、チープな感じがむしろ趣き深い。

P1000820
メンマは「きゃらぶき」の如くシャックリ柔らか。

P1000817
最近のラーメンからは消え気味だが・・・噛むとホッとするナルト。

P1000821
こんな一品が付くのも食堂ならでは。喜多方ではお新香が付くラーメン店は多い。

P1000822
決してインパクトある味わいではないが、その分、毎日食べても飽きない味。
正直、商売を何十年も続けるには「押さず・引かず」の匙加減が大事。

P1000826
相向かいのほまれ酒造

「うまい酒はうまい水から生まれる」は常識。それはラーメンも同じであろう。
下手な小細工無用。清々しい味わい・・・

銘酒の仕込み水で作ったラーメン。大いにお勧めである。

P1000823
P1000825_2
佐久山食堂

福島県喜多方市松山町村松常盤2712(地図)

TEL 0241-22-0717

営業時間 10:00~19:00

定休日 不定休

席数 カウンター3席 テーブル4卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス JR喜多方駅を背にし直進。6つ目の、国道459号と交差する信号を左折。約2km先左手。

« ラーメン うめ八 2@福島県喜多方市 | トップページ | 菊水@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

ラーメンの項目に、“ソース炒めソバ”。
深い、あまりにも深い‼

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61301943

この記事へのトラックバック一覧です: 佐久山食堂@福島県喜多方市:

« ラーメン うめ八 2@福島県喜多方市 | トップページ | 菊水@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ