« 福富士食堂@群馬県藤岡市 | トップページ | 横浜家系ラーメン 濃厚家 秦野店@神奈川県秦野市 »

2015年4月24日 (金)

味の味噌一@神奈川県平塚市

伊勢原から平塚に向かう、県道62号沿いに佇む。

P1010231
何と!朝7時から営業。
レトロ感を前面に出したレイアウト。朝ラー目的。7時15分頃到着。

P1010240
「いらしゃいませ~」
ご夫婦と思われる男女から丁寧な出迎えを受ける。カウンターに着席。
湘南美人のママさんからお冷がサーブされた。実はこの界隈、水のよい事でも有名。

P1010237
メニュー
店名にあるとおり、味噌ラーメンがお勧めであろうが・・・
東京ラーメン(いわゆる中華そば?)もある二本立て。
それに餃子やカレーなど、昭和40年代の食堂・中華屋の雰囲気。
基本?味噌ラーメン(並)をお願いした。

P1010234
白衣・白帽の「料理人の正装」のにこやかな髭の店主。
店内に飾られた看板も懐かしい。なかなか趣味人の模様。
麺を揉み込むため、若干の時間を要するが、それを待つのも休日の朝ラーの楽しみ。
8分ほどで着丼であった。

P1010242
味噌ラーメン(並) 680円

P1010245
うおっ、あまり見た事がない白味噌ベースのスープ。
九州豚骨。あるいは壱六家系のスープのような色。

P1010246
白髭ネギが「これでもかっ!」と言う感じに盛り上がる。なかなか春っぽい色具合。

P1010247_2
スープの第一印象は「甘い」の一言である。
あまり味噌ラーメンは嗜まぬゆえ、あれこれ言えないが初めて味わう味。
穏やかでクリーミー。油は浮かず、塩気は尖らずやさしい味わい。なんとなくほっとする。

P1010248
思わず「佐野青竹打ち?」と思ってしまうような滑らかな啜り心地の麺。
何となく不揃い。手揉みによる縮れが入る。
かん水少なめですっきり。もちっと噛む歯を受け止める心地よさがたまらない。
決してシコシコ感はないが、啜り込むとスープを引っ掛けて口の中に飛び込んでくる。

P1010249
メンマはプリッとした食感。スープをまとわりつかせて噛むと美味。

P1010251
ごろっと角煮のチャーシュー。
バラの部分だが脂身がプルプルとゼラチン状。赤身部分はサックリ筋に沿って裂ける。
ほんのり甘辛。

P1010252
大量に載るネギや昆布を、否応なしに挟んで食うことになる。
ザクザクのネギと、もっちり滑らかの麺と、クリーミーなスープとの融合。
そしてメリハリ感は、今まで味わった事のない食感。しばし陶酔、むさぼる。
穏やかなスープは最後まで飽きさせず、最後の一匙まで掬い続けた・・・

後で調べたら、なかなかの人気店。隠れ名店の様であった。

ひっそり隠れる様に、細い道沿いで朝から営業のこちら。大いにお勧めである。

P1010233
年中無休 早朝から深夜まで通し営業。

P1010253
味の味噌一

神奈川県平塚市南金目709(地図)

TEL 0463-58-9371

営業時間 7:00~24:00

定休日 年中無休

席数 カウンター10席 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり(17台)

ホームページ http://www.miso1.co.jp/

交通アクセス 国道246号を厚木から秦野方面へ走行。「名五木」信号を東名高速「秦野中井IC」方面へ左折。一つ目の「落合」信号左折。三つ目の「川原町」信号左折、県道62号線を平塚方面へ走行。「土屋橋」信号越えて約700m先左手。

« 福富士食堂@群馬県藤岡市 | トップページ | 横浜家系ラーメン 濃厚家 秦野店@神奈川県秦野市 »

神奈川のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61399755

この記事へのトラックバック一覧です: 味の味噌一@神奈川県平塚市:

« 福富士食堂@群馬県藤岡市 | トップページ | 横浜家系ラーメン 濃厚家 秦野店@神奈川県秦野市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ