« すがい食堂 バイパス店@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン うめ八 2@福島県喜多方市 »

2015年4月 6日 (月)

風車 石原店@石原埼玉県熊谷市

熊谷中心地。国道17号からちょっと入った所に佇む。

Dsc05210
神奈川の相棒がやってきた。
そして「おいしいラーメン屋連れてってよ」が始まった。
できればオジサン、オバサンがやってる店がいいと言う・・・
「熊谷で群馬県人に聞くんじゃねーよ」と憤ったが・・・こちらを思い出し、車を向けた。

Dsc05213
休日の昼下がり、先客はカウンターに3人。
白衣・白帽きちんとした料理人の身なりの男性に「いらっしゃい」と迎えられた。
小上がりに上がり込む。

Dsc05226
Dsc05220_2
Dsc05228
Dsc05218
メニュー
古びたメニューには「ラーメン 460円」の表記。いったいいつの時代の値段だよっ!
せっかくなので、看板メニューの「ちゃんぽん」と、これまたお安いギョーザをお願いした。

Dsc05230
時代と油煙が染みついた店内は貫禄いっぱい。13分後に着丼であった。

Dsc05233
ちゃんぽん 840円

Dsc05235
もうもうと湯気が上がり、撮影に苦労する。色とりどりの具材がまばゆい。

Dsc05236
自分はチャンポンは「海鮮入りタンメン」と心得る。
ガラ感あるスープに野菜のうまみが溶け込むのがタンメン。
チャンポンではさらに海鮮のうまみが溶け込む。まったり、そしてほんのり甘め。

Dsc05237_2
麺は・・・うどんですな、こりゃ・・・
上州名物のひもかわうどんそのまんま。極太の角麺はプルプルと元気。
しかし噛むともっちりと歯を受け止め、鼻腔に小麦の風味が充満。
群馬県人としては、家で海鮮入り煮込みうどんを食べてる感じ。

Dsc05239
豚コマ、キャベツ、モヤシ、ニンジン、木耳と定番のタンメンの具材。
そこに厚揚げ、かまぼこ、チクワ、イカ、エビ・・・そして・・・

Dsc05241
なんと!カキまで入る高級感。

Dsc05242
やったらうれしい。具と麺を一緒に挟んで、じっくりスープを絡めて頂く。

Dsc05240
さらに奥からこんな物も出てくる。サプライズの連続。

Dsc05243
ギョーザ 360円

Dsc05244_2
焼き面こんがりでカリッとした歯応え。ちょっと油っぽいのはご愛嬌。
噛むとふわっと餡の香り。仕込んでちょっと経った、熟成されたうまみが堪らない。

Dsc05245_2
麺を噛み噛み、餃子を噛み噛み、スープを啜り込む・・・
やっぱりラーメンは中華。餃子と一緒に掻っ込むと格別。ごちそうさまでした。

お勘定がてら「もう長いんですか?」と店主に問うと「38年やってます」との答え。

実はこちら、かつての人気店「むさしや」の元店主の店。
区画整理で惜しまれつつ閉店。しかし名店の味はここに健在。大いにお勧めである。

Dsc05211
Dsc05212
風車 石原店

埼玉県熊谷市石原2-14-1 ビレッタ熊谷1階(地図)

TEL 048-525-3327

営業時間 11:30~14:00 17:00~24:00(23:30LO)

定休日 水曜日

席数 カウンター11席 小上がり3卓

喫煙 可

駐車場 なし

交通アクセス 国道17号を高崎から熊谷方面へ走行。「久保島」信号をバイパスに行かず熊谷市街方面へ直進。「熊谷警察署前」信号を越え「石原駅」信号右折。約200m先の「宇梶歯科熊谷診療所」のある路地を左折、約400m先の「関東農政熊谷支局」のある路地を左折。約20m先、国道17号に出る直前左手(一方通行の為、国道17号からでは直接入れません)。

« すがい食堂 バイパス店@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン うめ八 2@福島県喜多方市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61270887

この記事へのトラックバック一覧です: 風車 石原店@石原埼玉県熊谷市:

« すがい食堂 バイパス店@福島県喜多方市 | トップページ | ラーメン うめ八 2@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ