« 味の味噌一@神奈川県平塚市 | トップページ | 丸万食堂@福島県喜多方市 »

2015年4月27日 (月)

横浜家系ラーメン 濃厚家 秦野店@神奈川県秦野市

いまさらながら、家系ラーメンに嵌ってみる。

P1010270_2
2014年開店の新しい店。夜8時頃到着。看板の字が威勢いい。
なかなか人気の模様。満席っぽいが・・・食べ終わって出てくる人と入れ替わるように入店。

P1010271
「いらっしゃいませ~」
家系ラーメン店の定番?若い男女の店員の声に迎えられた。
まずは食券購入・・・
おそらくベースは豚骨醤油味。そしてトッピングでヴァリェーションを増やしている模様。
「家系ブラック」はマー油使用か?まずは基本の「ラーメン」の食券購入。

P1010272_3
かわいい湘南美人(ホントだぞ!)に「カウンターへどうぞ」と誘われる。
若いお客さんが多い。店内はウッド調のカウンター&テーブル。
こだわりが大きく叫ぶように書かれているのも家系によくある演出。

P1010273_2
スタッフは男性3人、女性一人で回す。
麺の硬さ、味の濃さ、油の量を申告するのが家系のルール。
先ほどの女性に「油多めで」と食券を渡す。
オペレーションも軽快だが、厨房の作り手がみんなに聞こえるようにオペ状況を発声。
スタッフ全員がそれを把握する。7分後に「油多め出ま~す」「油多めです」と着丼であった。

P1010277
ラーメン(油多め) 680円

P1010278
最近マイブームの家系。しかし頂くラーメンは白っぽいスープだが・・・
こちらは若干醤油色濃い目。およそ5mmほどの鶏油が浮き、二重構造。

P1010279
あちちち・・・熱せられた鶏油が唇を焼く。
臭みのないクリアな鶏油の下から、クリーミーな豚骨スープが覗く。
しかし適度に醤油がガツンとキレを与えるメリハリある味わい。

P1010280
置かれた麺箱には「菅野製麺」とあった。
中太麺はもちっと、プリッと、パッツンと・・・なかなか主張あり。
ちょっと醤油味尖ったスープと、ギュッと圧縮された小麦の甘みがケンカしながら調和。

P1010282
長~いバラチャーシューが寝そべる。
家系のチャーシューと言えば、燻製臭漂うチャーシューだろうが・・・
こちらはダシを取られた茹で豚であろう。好き嫌いある燻製臭を嫌ったか?
スープに漬け、一緒に噛み砕く。

P1010283
見た目の青み&舌休め&栄養バランスを考えて?載るほうれん草。

P1010285_2
家系ラーメンの海苔は、大きめでバリッとしっかりした物が載る。しかも3枚。
時間が経ってもふやける事なくしっかり。海苔巻き麺を3回楽しめる。

P1010275
卓上に並ぶ味変えグッズ。
ニンニクや刻みタマネギ。生唐辛子など。
少しニンニクを入れてみた。硬い感じのスープにふくらみが出る。

P1010286
何となく吉村家と壱六家を足して二で割った、両者のいい所取りしたようなラーメン。
コクがあるのにキレがある。スープを少し残してごちそうさま。

退店時「ありがとうございました」の合唱に送られた。家系のケジメであろう。

国道246沿いで、多くの家系ラーメンの新店を見る。
また最近、群馬でも家系ラーメンの開店を多く見る。

家系ラーメンブーム再燃か?大いにお勧めである。

P1010288_2
P1010287
横浜家系ラーメン 濃厚家 秦野店

神奈川県秦野市平沢725-5(地図)

TEL 0463-79-6501

営業時間 11:00~24:00

定休日 年中無休

席数 カウンター10席 テーブル4卓

喫煙 不可

駐車場 あり(17台)

交通アクセス 国道246号を伊勢原から沼津方面へ走行。「堀川入口」信号左折。約500m先の立体交差を右折、約50m先左手。

« 味の味噌一@神奈川県平塚市 | トップページ | 丸万食堂@福島県喜多方市 »

神奈川のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61404790

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜家系ラーメン 濃厚家 秦野店@神奈川県秦野市:

« 味の味噌一@神奈川県平塚市 | トップページ | 丸万食堂@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ