« ファミリーハウス ルマーニ@長野県佐久市 | トップページ | 生江食堂@福島県喜多方市 »

2015年5月13日 (水)

大三元 2@福島県喜多方市

喜多方の街から、ちょっと離れた所に佇む。

Dsc08139
こちら、日・祝は朝7時開店。7時20分頃入店。

Dsc08145
「いらっしゃいませ~」
元気な喜多方美人の黄色い声に迎えられた。
うおっ、朝からなかなかお客さんいっぱい。きっと地元の方であろう。カウンターに着席。

Dsc08142
メニュー。
以前と少し変わっているかな?
以前は「背脂らーめん」という、下品かつおいしそうなのもあったが・・・
喜多方ラーメンmapにあった「みそらーめん」をお願い。

Dsc08144_2
スタッフは男性二人。喜多方美人二人・と言うより・・・二世代家族と言った感じ。
黒髪の男性がメインシェフか?おおまかな調理を取り仕切る。10分後着丼。

Dsc08149
みそラーメン 800円

Dsc08151
うおっ、顔が洗えるような丼。ラーメンの丼とは区別される。
喜多方ラーメンと言えば醤油のイメージだが、塩や味噌を売りにする店も多い。

Dsc08153
なかなか熱めのスープは北国のごちそう。
レンゲを差し入れると、細かい油が渦を巻いて飛び込んでくる。
ほんのりガラ感香り、軽やかな感じの味噌風味。決して味噌依存ではない。
化調が味を調える。

Dsc08155
組み合わされるのは、中太・縮れのご当地「喜多方麺」。
外に積まれた麺箱には「小西製麺」とあった。
一口に「喜多方麺」と言っても、製麺所いろいろ、麺の姿や食感いろいろ・・・
ちょっと加水控えめ。スープを吸いたがる感じ。小麦の風味と甘みを堪能。

Dsc08156
具はモヤシ、白菜、ニラ、にんじん、豚コマ・・・
タンメンの技法の如く、鍋に具を放り込み加熱、そこにスープ投入であろう。
スープと共に熱々、シャキシャキ。

Dsc08148
Dsc08157
半分程食べ進み、卓上のラー油投入・・・やっぱり味噌に「辛」は似合う。
ちょっと尖がった、興奮する味に変化。

Dsc08158
熱さと辛さで火病りながらレンゲを重ねる。スープを少し残してごちそうさま。

ゴールデンウィーク、夏日と報じられるも、朝の気温は10度。半袖では寒い喜多方。

そんなこの地で身も心も温まる一杯、大いにお勧めである。

Dsc08136
行く途中で見かけた、こんな看板・・・

「アメリカの押し付け憲法」「時代にそぐわなくなったから」と、改憲を叫ぶ安倍政権。

しかしそれはウソ。憲法草案は日本人が作った物だし、恒久平和・主権在民・人権尊重は人類最先端の理念である。

天皇陛下も、憲法護持を支持されている。

Dsc08140
Dsc08160
大三元

福島県喜多方市東桜ヶ丘一丁目19-1(地図)

TEL 0241-24-2399

営業時間 10:00~20:00 日祝7:00~20:00

定休日 月曜日(祝日の場合は営業。翌日休み)

席数 カウンター6席 テーブル5卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(18台)

交通アクセス 国道121号を会津若松から米沢方面へ走行。会津縦貫道と交わる信号を米沢方面へ。四つ目の信号を「喜多方プラザ」方向に左折。三つ目の信号を左折、約50m先左手。

« ファミリーハウス ルマーニ@長野県佐久市 | トップページ | 生江食堂@福島県喜多方市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

大三元…いい名前ですね(*´艸`*)
私も行きたくなってきました!

>>嶺上自摸さん

毎度。ちなみに自分は大三元は和了がった事ありません。
福島にはもう一軒「大三元」があります。

http://takasakisilense.cocolog-nifty.com/takasakisilence/2011/11/post-95e0.html

喜多方から50キロ以上ありますが(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61559641

この記事へのトラックバック一覧です: 大三元 2@福島県喜多方市 :

« ファミリーハウス ルマーニ@長野県佐久市 | トップページ | 生江食堂@福島県喜多方市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ