« ラーメン イエロー@新潟県新潟市 | トップページ | 手仕事らぁめん 八 吉田店@新潟県燕市 »

2015年5月20日 (水)

横浜家系ラーメン 楊喜家@埼玉県本庄市

国道17号から、本庄ICに向かう道沿いに佇む。

Dsc08234
以前はラーショだったが、店主がそのまま家系ラーメンで修行、リニューアルした。
11時ちょっと過ぎに到着。

Dsc08213
「いらっしゃいませ」
気のいい感じの男性に迎えられた。
食券制。醤油味一本。トッピングも豊富。まずは「ラーメン・並食券購入。
家系のルール「麺の硬さ・油の量・味の濃さの好みを伝える」で「油多め」と申告。

Dsc08216
厨房をグルッと囲むカウンターに先客二人。店名が書かれた麺箱が積まれる。
小気味いい湯切りの音が響く。7分後「熱いのでお気をつけください」と着丼であった。

Dsc08218
ラーメン 並 700円

Dsc08221
厚めの鶏油の層。その奥に茶濁した見える。ほうれん草の青みが映える。

Dsc08222_2
まったりした鶏油の甘み。その向うから覗く醤油の冴え。
濃厚豚骨だが、完全にカエシが勝っており、結構なインパクトを感じた。
ちょっと塩気が尖るが、家系はこのくらいガツンとしょっぱいのがいい。

Dsc08223
麺は平打ちの太麺。かなりしっかり、ギュッと圧縮された感じでデフォでも硬め。
表面は滑らかで食感はプラスチッキー。まさに家系といった麺。
スープが乗りにくく融合感はなく、無理に口の中で融合させる。メリハリが楽しめる。

Dsc08224
チャーシューは筋、脂が多い部分。そのおかげで弾力あり。
ショッパ目のスープを飲みながら脂を噛み噛み・・・

Dsc08225
定番のトッピング。ショッパ目スープを中和するほうれん草。

Dsc08226
大判の海苔が3枚。海苔巻き麺が3回出来る。

Dsc08217
味変えがアイテムが並ぶ。自分好みにカスタマイズできるのも家系のいい所。
生姜を一匙投入、香りが膨らむ。

Dsc08227
舌がショッパさに慣れてくると、他のうまみがいくつも顔を覗かせる。
病み付きになりそうなスープ。レンゲを重ね、少し残してごちそうさま。

Dsc08214
こちらの師匠は、横浜の人気家系ラーメン店・寿々喜家の一番弟子・堀内英海氏(現・元喜家店主)との事。

こちらは元喜家→寿々喜家→本牧家、そして家系元祖・吉村家と繋がる系統。
そして、吉村家も元はラーメンショップであった。

こちらも元ラーショの横浜家系ラーメン、大いにお勧めである。

Dsc08231
通し営業は、ラーショ同様頼りになる。

Dsc08230
Dsc08212
横浜家系ラーメン 楊喜家

埼玉県本庄市栄1-5‐14(地図)

TEL 0495-21-6900

営業時間 11:00~21:00(20:45LO)

定休日 未確認

席数 カウンター15席

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 国道17号「若泉2丁目」信号から「本庄・児玉IC」方面へ走行。「前原2丁目」信号先約400m先右手(中央分離帯があるので直接入れません。Uターンの必要があります)。

« ラーメン イエロー@新潟県新潟市 | トップページ | 手仕事らぁめん 八 吉田店@新潟県燕市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61561476

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜家系ラーメン 楊喜家@埼玉県本庄市:

« ラーメン イエロー@新潟県新潟市 | トップページ | 手仕事らぁめん 八 吉田店@新潟県燕市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ