« 手打ちうどん 如水@埼玉県飯能市 | トップページ | 六厘舎@東京都千代田区 »

2015年6月15日 (月)

麺&cafe Coi.Coi.@群馬県伊勢崎市

伊勢崎市民病院裏に佇む。

Dsc09007
「こいこい」と読む。隣もラーメン屋。二軒置いた隣もラーメン屋の超激戦区。
本日はこちらで告知したコラボ企画。
開店時間ちょっと前の11時25分頃到着。行列がないので気軽に入店・・・

Dsc09009

が・・・( ̄□ ̄;)
すでにお客さんいっぱい。赤シャツの上州美人に「整理券をお持ちですか?」と問われた。
ない事を告げると「では12時頃提供にになりますので」と整理券を渡された。

Dsc09010_2
なかなかラヲタ注目の企画の模様。
蒸し暑い中のんびり待つ。やがて先客が一人二人と退店。12時丁度頃入店。

Dsc09011
食券制。
「本日のコラボメニュー「煮干そば」や.おしゃれなデザートも並ぶ。
「背脂煮干そば」のボタンをプッシュ。女性店員に手渡す。

Dsc09012_2

厨房には顔なじみの赤星店主ご夫婦。「どうも」と挨拶を交わす。
作り手の意図する味のバランスを無視するように「脂多め」とリクエスト。
7分ほどで「アブラマシマシです」といううれしい声と共に着丼であった。

Dsc09013
背脂煮干そば(脂多め) 700円

Dsc09016
大粒の背脂に厚めの液体ラード層。作り手は、自分がアブラーマンである事を熟知。

Dsc09017
「どろどろ~」とレンゲに流れ込むのはスープと脂。ふわっと香る豚臭。
そして、奥から魚介の甘みと、カエシの甘ショッパが突き抜ける。
カエシはチャーシューの煮汁であろう。コク深く甘辛。

Dsc09019
麺は、これも群馬の話題店麺匠 縁謹製の幅広平打ちの手打ち麺。
この地域は西毛(群馬県西部)と東毛(群馬県東部)の境界線。
佐野ラーメンと同様の青竹打ち麺も珍しくない地域。小麦感いっぱいの甘みと風味。
しかも麺打ち場には普通の、モチモチシコシコ感ある中華麺用の粉も見えた。
西毛と東毛のコラボ地域?脂や濃い目のカエシに負けず、それらをしっかり受け止め融合。

Dsc09020
チャーシューはバラ。角煮の如く煮込まれホロホロ。これが二枚。
赤身や脂ははかなくとろけ、箸で持ち上げる事は不可能。

Dsc09024
脂に隠れていたが・・・赤星こだわりの穂先メンマ。

Dsc09022
まったり半熟黄身の玉子が半分。スープごと掬って・・・

Dsc09023
大雑把に刻まれる玉ネギ。脂やショッパさをさわやかにリセット。

Dsc09025_2
せっかくの「アブラマシマシ」のお店の好意。しっかりおなかに収めてごちそうさま。
うおっ!外に群馬を代表する美人ブロガーの姿が・・・

参加のお店は群馬、埼玉で話題店。その話題店の結集。まずいわけがない。

正直、各店「特別コラボメニュー」として定番で提供して欲しい。大いにお願いである。

Dsc09028
Dsc09027
麺&cafe Coi.Coi.

群馬県伊勢崎市太田町149-1(地図)

TEL 0270-24-5177

営業時間 11:30~21:00(LO20:00)

定休日 月曜日

席数 カウンター10席 テーブル2卓

喫煙 不可

駐車場 あり

交通アクセス 県道2号「前橋古河線」を前橋から伊勢崎、太田方面へ走行。北部環状線「」信号を直進、伊勢崎市街方面へ。「市民病院入口」信号の次の信号左折、ぐ~っと市民病院裏に回りこむような感じで約400m先右ののテナントの一角。

« 手打ちうどん 如水@埼玉県飯能市 | トップページ | 六厘舎@東京都千代田区 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61742604

この記事へのトラックバック一覧です: 麺&cafe Coi.Coi.@群馬県伊勢崎市:

« 手打ちうどん 如水@埼玉県飯能市 | トップページ | 六厘舎@東京都千代田区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ