« わたりや@群馬県渋川市 | トップページ | フタツメ@群馬県高崎市 »

2015年6月26日 (金)

手打ちラーメン いしかり@群馬県邑楽町

国道354号沿いに佇む。

Dsc08699
ご当地ラーメンの雄・佐野ラーメンの影に隠れて無名だが、渡良瀬川を隔てて向こうとこっちのお隣さんの東毛(群馬県東部)も手打ちラーメンを出す店が多い。
こちらもその一店。丁度昼頃到着。

Dsc08701
「いらっしゃいませ」
若い男性店員の声に迎えられた。店内はドライブイン風でテーブル、小上がりが主体。
テーブルに陣取る。休日ゆえにのんびりか?小上がりに家族連れ一組。テーブルに一名様。

Dsc08704
Dsc08705
メニュー
ちょっと切れてしまったが・・・醤油・味噌・塩。そしてつけめん(味噌)を用意。
サイドメニューやセットメニューも豊富。ファミリーで楽しめそう。
こちら、佐野の名店太七と兄弟関係にある模様。そちらで名物の「ねぎラーメン」もあり。
一度頂いたが、丼麺が見えなくなるほどの刻み万能ネギが圧巻だった。
贅沢に(と言ってそれほど高くない)チャーシューメンをお願いした。
結構昼を回るとお客さん続々・・・10分程で着丼であった。

Dsc08707_2
チャーシューメン 750円

Dsc08709
あっさり?とんでもない。ラード層厚め。なかなかこってり。
同じ青竹打ちと言っても、佐野ラーメンと違って醤油色濃いのは東毛ラーメンの特徴。

Dsc08710
なかなかガラ感強く、醤油のコク深。生姜香る感じの主張あるスープ。
昔ながらのうまい中華そばのスープそのもの。どこか力の入らない佐野ラーメンとは対照的。

Dsc08712
麺は佐野ラーメンと同じ手法の「青竹打ち」。
食感は佐野・東毛とも手法によってさまざまだろう。
平打ち極太幅広平麺は、ぎゅっと圧縮された感じのモチッとした地粉うどんライク。
啜ると縮れがスープを引っ掛けて口の中へ踊りこむ。

Dsc08713
チャーシューは巻きバラ。直径5cm、厚さ5mm位。
ほおばると、噛んだ赤身から豚のうまみとカエシのうまみが滲み出る。
脂部分はトロトロに溶け、スープを飲みながら頂くと絶妙な味わい。

Dsc08714
プリプリサクサクな食感のメンマ。浅めな甘みを与え、舌休めになる。

Dsc08715
こちらも舌休めに一役買うナルト。

Dsc08716
コク深いスープ。しっかりした麺。どっしりしたチャーシュー・・・
東毛ラーメンを思いっきり堪能。スープを少し残してごちそうさま。

すぐ近くには、佐野ラーメンを標榜する店もあるが・・・
正直「スープは薄い・チャーシューは薄い」の安かろう薄かろうの店であった。

群馬県人好みの「厚かろう・深かろう・こってりかろう」のこちら、大いにお勧めである。

Dsc08702
こんなメニューもあり。
こってり醤油に「背脂増し0円」はアブラーマンに朗報。

Dsc08718
真ん中がネギラーメンです。

Dsc08717
手打ちラーメン いしかり

群馬県邑楽郡邑楽町篠塚1625-7(地図)

TEL 0276-88-8817

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

定休日 水曜日(祝日は営業。翌日休み)

席数 カウンター4席 テーブル4卓 小上がり6卓

喫煙 時間制禁煙(11:00~15:00)

駐車場 あり

交通アクセス 国道354号を高崎から館林方面へ走行。「邑楽中学南」信号越えて約350m先左手。

« わたりや@群馬県渋川市 | トップページ | フタツメ@群馬県高崎市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/61695112

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちラーメン いしかり@群馬県邑楽町:

« わたりや@群馬県渋川市 | トップページ | フタツメ@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ